2018年07月13日 金曜日

●日々の麺

季節ごとに魅力的な期間限定麺が発売される「ラーメン屋 游」。ついついそれらに惹かれてしまい、結果、啜る機会を逃しがちの基本メニュー「ラーメン」だが、その味力は半端ない。口当たりは軽やかだが、ふっくら&コックリ広がる豚骨ダシ。合わさる麺はスルッとコリッとスマート・ハンサム。

游名物の低温調理チャーシューも、この日は大振りが品切れなのでと、いつもよりは小さめ&薄めのものを2枚サービスしてくれたが、むしろこれくらいのチャーシューの方が、美味スープ&麺の旨さを生かす脇役的で、我が好み。

おっと、そうだ!次回は蕎麦屋よろしくラーメンのチャーシューだけをヌキで前にもらって、ついでに餃子も頼んでチョイ飲み楽しんで、〆に素ラーメンてのも、旨そう楽しそう。

2004年に福岡市中央区大名の一角のこぢんまりとした店舗からスタートした「博多一幸舎」だが、今や国内15店舗に加えて海外も、アメリカ、タイ、オーストラリア、ブラジルなど9か国で38店舗を展開する、グローバル・ラーメン・チェーンに大躍進。

今週改装オープンした「博多総本店」では特注羽釜を3つ使用。煮込み具合の異なる3段階のスープを操り作る一杯は、スープの表面一杯に、きめ細かな泡がうくカプチーノ豚骨。グイッと骨太な豚骨スープのうま味に、エアリーな泡の軽やかなあま味が合わさるその味わいが、独特美味。スルッと細麺の小気味よい食味と、量多めのモッチリチャーシューの味わいコラボも旨いし&食べ応えも十分で大満足。

昨今福岡市に急増する美味醤油ラーメン店だが、その中でもドンピシャ我がツボな店の一軒である「KOMUGI」。円やかな口当たりとともに、豊かに広がる鶏ガラ?×魚介?のダシ+フライドエシャロットの香味うま味あま味。ホクッと解ける麺との相性も抜かりないし、具の豚肉2種+鶏チャーシュー、海苔、ミツバの豪華ラインナップ。

こりゃ旨いな、グイグイ我がツボ。麺メニューはこの汁そば「トリニボ」に、汁なし「マゼソバ」もあるが、この絶品スープがナシの「マゼソバ」に、ナカナカ食指が伸びないのが贅沢な悩み。うん、是非とも次回こそ。

◎2018通年麺喰い
ラーメン97●チャンポン2●中華麺5●うどん55●そば6●その他4
◎7月の総ジョグ距離29m / 通年226km◎

Posted by heno at 2018年07月13日 12:08