2018年07月18日 水曜日

●この夏 冷やかけうどん

毎夏の期間限定販売を心待ちにしている「練り込みうどん権」@糟屋郡志免町の「冷やかけうどん」。豊前裏打会ならではのプニュ、モチモチ、プルルン細うどんは、冷やで啜るとその真価を遺憾なく発揮しまくりの楽しさ旨さ。キンッと冷えたスメと、大根おろし、ミョウガ、大葉、ネギ、胡麻などの薬味との味わいコラボが、サッパリ&スッキリ、あぁ涼し旨し大スキ。

ナニせ今年の夏は猛烈猛暑、さぞや冷やかけうどんが人気かと思いきや「いえいえ、熱心なファンはいらっしゃいますが、杯数はさほど出ないですねぇ」。冷たいうどん×冷たいかけツユの冷やかけうどんは、ゴボ天や丸天の温かけうどん至上主義であった博多・福岡では、まだまだ市民権を得ていないと言うことだろうか…??

食べる側の認識はまだまだのようだが、作る側の冷やかけうどんに対する意識はすこぶる高い。讃岐発のうどんの食べ方である冷やかけうどんだが、福岡でも提供する店が年々増えている。

一口に冷やかけうどんと言っても、店それぞれ。一昨年オープンした「こなみ」@福津市津屋崎でも、その年から夏季限定で旨し冷やかけうどんを販売しているが、この夏の「パリパリごぼうの冷やかけうどん」は正に感動的旨さ炸裂。

イイ感じに柔揚げの、こなみならではの細縮れうどん&ダシの抑揚が燻し銀なスメとも、冷たすぎない絶妙な冷やし加減。なので、豊かなコシと小麦の風味が楽しいうどんと、ダシの香がフワッと鼻へ抜ける冷ツユが、ソリャもう旨い旨いっ。

そして、ピーラーで薄長く削ぎ切りして揚げられたパリパリごぼうと、スキッと爽やか酸味のレモンとの、食感&味わい&風味の深いコラボが、コリャもう立派な和食の一品。


この夏のこなみの冷やかけうどん、
もう一品は「茄子と梅のモロヘイヤうどん」。

言わずと知れた讃岐うどん全国チェーン「丸亀製麺」の福岡賀茂店でも、「丸ごとすだちおろし冷やかけ」を販売中。これまで販売してきた「すだちおろし冷かけ」を①スダチを薄切りにする②客に提供する前に冷スメと合わせ混ぜて風味を映す③多めの大根おろしでバージョンアップ&価格もアップ。

このエントリーをあげるにあたり公式HPを見てみると、おやおや?夏季限定麺の打ち出しは「牛山盛りうどん」のみ??て事は、冷やかけうどんは九州地区限定の夏季麺なのだろうか??

◎2018通年麺喰い
ラーメン97●チャンポン2●中華麺5●うどん58●そば6●その他4
◎7月の総ジョグ距離36m / 通年233km◎

Posted by heno at 2018年07月18日 22:46