2018年08月25日 土曜日

●日々の麺

遠方から客を招いての仕事。ならば昼麺は仕事現場近くの、ご当地ならではの老舗の一杯。北九州市小倉に昭和37年創業の「東洋軒」は、趣ある暖簾の外観も味のうち。

豚骨ダシのあま味豊かなスープに、気持ち太めの中太麺の豊かなヒキと、キチンと旨いチャーシュー。そして一見紅ショウガのようで、その実赤く染められたタケノコの軽やかなシャキシャキ感。まさにオンリーワンな、当店ならではの一杯に、うっとり。

こちらも正にオンリーワンな、鍋焼き麺。福岡市早良区に昭和55年創業の「博多めんちゃんこ亭」の藤崎本店。相撲部屋でご馳走になったちゃんこ鍋に魅せられ、もっと手軽に食べられないかと模索した結果、誕生した「めんちゃんこ」は、我がソウルフード麺のひとつ。味わい豊かなスープと、もっちり旨い中太麺に、ちゃんこの具をイメージした豚肉、モヤシ、キャベツ、ニラ、豆腐、三角揚げにお餅。

アレコレと具を楽しみつつ食べる際、マストで楽しみたいのが柚子胡椒なのだが、久方ぶりに訪ねると、従来からあった柚子の風味と唐辛子の辛みが生きた赤柚子胡椒に加え、山椒がきいた「黒ゆずごしょう」なるオリジナルも?!最近は九州一の繁華街、天神に出店したりと、常に成長を心掛ける老舗の、更なる味の進化に感服しきり。

こちらは創業二十年弱?の「七福亭」@城南区南片江なれど、「未羅来留亭」が閉店してしまった今、我にとっては、それに代わるTHE BEST OF 普段着豚骨 in 博多。今日の一杯は、泡立つトロリ豚骨スープが、いつもにも増してエラク男前っ。

「うわっ……、コリャ旨そう。絶対旨いに違いなひっ!」

で、啜る前から、替え玉を決意する我は、Fool to cry by Rolling Stones。

◎2018通年麺喰い
ラーメン115●チャンポン2●中華麺5●うどん70●そば8●その他5
◎8月の総ジョグ距離43m / 通年293km◎

Posted by heno at 2018年08月25日 01:23