2018年08月28日 火曜日

●久々上京して、日々の麺

甥っ子の結婚式で久方ぶりに上京。午前11時に羽田空港に着き、一目散に「長尾中華そば」の東京神田店へ。

青森県のご当地ラーメンである煮干しラーメンの新生。平成16年に青森浜田地区にオープン以来、青森県内に次々と支店をオープン。そして先々月7月末には、東京進出を果たす元気ぶり。

食券販売機の筆頭ボタン=店の基本メニューと思しき「あっさり700円」は、おそらく伝統的な津軽ラーメン。煮干しのうま味を見事に生かしきった&醤油タレのキュンッと艶っぽい風味が絶品。あたかもうどんかのような、むっちり解ける中太麺の食味も独特旨いっ。

そして、青森本店ではアレコレと6種有るメニューのうち、店主おすすめの「こく煮干し」は、ガリッと煮干しダシがきいたトロリスープが、イマドキ美味。

最近我がツボなテレビ番組「哀愁の街角ラーメン」で惹かれた「中華そば春木屋」@東京荻窪。ウルトラ久しぶりに訪ねると、正午前なのに店頭には既に順番待ちの列。

かれこれ30数年ぶりだろうか?なれど、スープを一口啜った瞬間、そうそうコレコレ!これこそ春木屋。スープ表面の脂の、ソリャもうアッツ熱の食感と共にジワリ広がる煮干しダシのあま味。中太ボソッと食味の麺との相性抜群。ポリッとシナチクとキシッとチャーシューに、三角に切られた海苔とのコラボに、うんうんコレぞ我にとっても郷愁ラーメン。

◎2018通年麺喰い
ラーメン117●チャンポン2●中華麺5●うどん70●そば8●その他5
◎8月の総ジョグ距離61m / 通年311km◎

Posted by heno at 2018年08月28日 18:51