2018年09月29日 土曜日

●三角? 四角?? きつねうどんのおあげさん ~その二十二~

「津田屋官兵衛」@北九州市小倉南区が総裁の「豊前裏打会」。唯一の会則は、うどんに独自製法で作られた小麦粉を使うこと。それ以外は、それぞれにそれぞれの工夫で店作りする、野武士軍団。

【うどん満月中間店】大判四角×1
きつねうどん450円
中間市東中間1-3-8

なので「きつねうどん」のお揚げさんも、店それぞれ。今年6月にオープンした「うどん満月」中間店のきつねうどんは、大振りな長方形=おそらくきつねうどん専用に仕入れられたお揚げさんが、ドカンッと一枚。

シミジミ旨いスメに、適度に調味されたお揚げさん。ならばと、ジャブジャブ箸で押さえてスメにつけ、一口大に千切り、シュルルとうどんと共に啜れば、魚介ダシが絶妙に効いたスメのうま味を豊かに含んだお揚げの香ばしいあま味のトゥルリン食感と、モチッと独自のコシが愉快な、気持ち太打ちのうどん。

【大地のうどん博多駅南店】三角×3
きつねうどん400円
福岡市博多区博多駅南3-9-1

同じく豊前裏打会の一員である「大地のうどん」博多駅南店の「きつねうどん」は三角お揚げさんが3枚、卍型に盛られている。うぬぬ?この盛り方は「うどん高浜や」@早良区田隈とかなり近い。

高浜やは「和助」@中央区鳥飼出身と聞いているが、和助は「大地のうどん」出身。と言うことは、和助のきつねうどんも、お揚げ3枚卍盛りなのだろうか!?

福岡県のみならず、東京や熊本にも支店を展開する、軍団きっての元気店。その最新店舗が博多駅南店。店頭の銭湯を思わせる暖簾が、なんともお茶目。かつては鍋料理店だったのだろうか?入口で靴を脱ぎ、店内はコンロ付きの座卓が配された個室が7~8室と、コレまたうどん店としては有り得ないユニークな店作り。

そしてメニュー作りもからりユニーク。カミさんがたのんだ「ポテチクうどん」は、ドンブリ内のごぼう天に加えて、チーズやバジルらしき風味も加わったイタリアンテイストのポテサラ入りの竹輪磯辺揚げが空中浮遊。

◎2018通年麺喰い
ラーメン124●チャンポン2●中華麺5●うどん74●そば8●その他5
◎9月の総ジョグ距離87m / 通年398km◎

Posted by heno at 2018年09月29日 11:44
コメント