HENO HENO: 2018年10月12日 アーカイブ

2018年10月12日 金曜日

●日々のNOT豚骨ラーメン

福岡市の都心、天神に隣接する南天神エレアは、味力抜群=魅惑の麺天国。かつては福岡市南部の住宅街で中華そばとつけ麺をウリに営業してた「永福」だが、ここ中央区渡辺通に移転とともに、塩や味噌ラーメンも提供中。「人気です。柚子塩ラーメン650円」との貼り紙に惹かれた一杯は、存分なうま味に後味のキレもある鶏白湯?スープに、もっちり中太偏平麺&大判海苔の取り合わせが、塩版家系ラーメン。

構成要素の全体バランスが味の要と言われるラーメンだが、なにせスープ・フェチ。麺よりも、具よりも、スープ寄りな我が麺料理嗜好ゆえ、毛嫌いし続けていた「油そば」。昭和30年代に関東で創作されたという油そば。味わいの要は、その名の通り油タレ。

最近、福岡市中央区赤坂から渡辺通へ移転してきた「麺や兼虎」の「日向地鶏の油そば」。その名の通り、日向地鶏の鶏油なのだろうか?クイッとクセある油タレの風味と、おそらく油そば専用に仕込んだらしき中太麺のコリッとモッチリな食味と、様々な具との取り合わせが、豊かな味わい七変化。確かに大味、だが、エラク旨い旨いっ。

〆に、卓上に置いてある「割りスープ」ではなく、厨房で専門に供される鶏白湯らしき「追いスープ」がコレまた絶品。途中、卓上に置いてある煮干し酢で味わいの変化も存分に楽しみつつ、ニヤニヤ完食っ。


ベースは豚骨だが、季節ごとに様々な期間限定ラーメンを提供する「福津ラーメンろくでなし」@福津市の「中華そば」。昨年早春に発売された期間限定麺の再発だが、以前よりラード指数が増しただろうか?あたかも「春木屋」@東京荻窪チックなガツン系味わい。

◎2018通年麺喰い
ラーメン138●チャンポン2●中華麺6●うどん81●そば8●その他5
◎9月の総ジョグ距離87m / 通年398km◎

Posted by heno at 02:58