2018年10月26日 金曜日

●【ラーメン】家系総本家 吉村家@横浜市西区

横浜市の旧市街のひとつ、野毛町。江戸時代末期に東海道と横浜港を結ぶ道が開かれて以来、時代背景に沿ってその姿を変えてきた。第二次世界大戦終結当時は、闇市と屋台が並び、貴重な動物性たんぱく質源だったクジラカツを販売する「くじら横丁」として栄えたのだとか。

そんな野毛町の飲食街「野毛小路」の一角に「名物くじらさしみ」「のげ一お刺身がうまい安い」の看板が目印の「小半」@横浜市中央区。午後5時前に訪ねると、店内は既に満席状態。僅かに空いたカウンター席に滑り込み、まずは名物筆頭のイワシの刺身「しこさし」をたのむが、「すみません、今日は良いイワシの入荷がなくて…」。

ならばと頼んだ「くじらさしみ」は、色んな部位の盛り合わせかと思いきや、赤みの一点盛り。さすが名物と言い切るだけあって、赤身独特の血の気嫌味は一切ナシ。しっとり、もっちり広がる豊かなうま味あま味に、菊正宗熱燗がすすむすすむ、宮尾すすむ。

コリャ旨い、確かにこの店は刺身でせめるが正解かと、続いて頼んだ「炙りしめ鯖」が、コレまた旨いっ。大振りな見た目通り、しっかりと身に脂がのった結果か、酢の入り具合は必要最小限、微かな酸味と共に豊かに広がる身のうま味と脂のあま味が、いわゆる博多のしめ鯖とは全く別物の独特美味。

「肝あえカワハギ」や「子持ちしゃこ」兎に角旨そうな刺身メニューが満載。この刺身類なら、きっと調理料理も旨いに違いないっ。こりゃ是非とも次回は大人数で来店し、もっとアレコレ喰らいたい、飲んだくれたひっ。

ひとり酒のさみしさを痛感しつつ、千鳥足。てくてくと20分弱で「家系総本山 吉村家」@横浜市西区へ辿り着く。

今やサンマーメンと並ぶ、横浜ご当地麺と言っても差し支えないほどの超人気店である吉村家。大判の海苔とほうれん草がシンボルの醤油豚骨ラーメン=家系ラーメンの元祖である。

18時半過ぎの店頭は、順番待ちの客が20名弱。元来行列に並ぶのは苦手中の苦手だが、なにせ、次はいつ横浜へ来られるか分からないと、長期戦を覚悟で順番最後尾に並ぶ。が、思いの外ススッとスムーズな客回転。10分弱で、無事入店。

カウンター席に着くと、厨房奥の若き店員より仕上げの好みが問われる。「固め、こい口、多め」や、「うす口の少なめ」など、客それぞれが、それぞれの好みを告げると、声を殺して注文を数度反芻しつつ、14~5名のオーダーをこなした後、ひとつの間違いもナシに調理担当に伝える。いやぁカッコ良い!これぞプロの仕事だなぁと感激しきり。

ほどなく運ばれてきた「やわらかめ、うす口、少なめ」は、黄土色のスープから透けて見える中太麺の端正な盛り付けに、中央のほうれん草の緑と、扇状に盛られた大判海苔の黒が、ソリャもう男前。

まずはスープとひと啜りすれば、キッチリ広がるダシのうま味と、独特後味の香味油の絶妙バランス。これまで家系=えらく濃い味のイメージだったが、さすが総本家、薄口ながらも豊かに広がる味わいの奥行きに、一発フォーリンラブ。麺もやわらかめで大正解。豊かにスープを絡め取りつつ口へと収まり、もっちり解ける柔ゴシと、パリッと海苔と、シャクッとほうれん草。

そしてカウンターには、ズラリ並んだ調味料。個人の好みでいくようにも味変できる自由度と、基本的に白飯とセットで食べることを前提としたガッツリ食味も家系の味力。名物の「緑色の薬味で愛称アイヌネギ」は、ネギとニンニクの豊かな風味コラボに食欲を刺激されマクリっ。いやぁ旨いな、こりゃ旨い。1974年の創業以来、ずっと人気を保持し続けているのには訳がある、と納得しきりで感動完食。

昨年は台風接近で中止された「横浜マラソン」に再チャレンジ。港町横浜の新旧の姿を目の当たり出来るし、後半はナンと都市高速を走ることが出来る、ナンとも楽しいコース取り&沿道の熱いエールは素晴らしい。が、度々のアナウンスにランナーへ対する愛情が微塵も感じられない運営の仕方は???そんな逆境にめげることなく、ナンとかカンとか制限時間ギリギリで完走してやったぜっ!!て、コリャ間違いなく負け惜しみの極みっ…。

◎2018通年麺喰い
ラーメン167●チャンポン3●中華麺7●うどん85●そば8●その他5
◎10月の総ジョグ距離86km / 通年484km◎

Posted by heno at 2018年10月26日 22:09
コメント
コメントしてください




保存しますか?