2018年11月07日 水曜日

●日々のチャンポン

先日啜った「ラーメン屋 游」@城南区荒江の期間限定チャンポンと、我がツボなチャンポン店が、いみじくも同日11月1日に営業再開する喜びで、気分はすっかりチャンポンモード。

で、「大島ラーメンあずまや福岡」@中央区六本松。チャンポンの本場である長崎県の、西海市大島の老舗ラーメン店の暖簾分け店だけあって、チャンポンがシコタマ旨いっ。

軽やかな口当たりと共に、豊かに広がる円やかなコクのスープと、気持ち細めの軽快ポワポワ麺に、絶妙シャキッと加熱加減の野菜の具。キチンと作り上げられた、端正な味わいの一杯にウハウハ完食。

そして、我が最愛チャンポン店の一軒「ニイハオ」@城南区友丘。先月たまたま通りかかると、店舗が跡形もなく消えている。コリャてっきり閉店廃業されたのかと思っていたら、今月1日、店舗を建て替えて営業再開。

以前は奥に広かった店舗が、横に広くなり、店舗前が駐車場に。ピッカピカの厨房だが、高火力バーナーは以前のものをそのまま使っているようだ。ゴォ~ゴォ~と重低音の迫力サウンドで、次々と料理が仕上げられていく様に、名店町中華の再出発を実感。

ほどなく運ばれてきたチャンポンは、軽めの口当たりと共に広がる鶏ガラらしきダシのうま味を、かの調味料らしきあま味が好アシスト。ヌチッと気持ち粘り感を感じる太めのチャンポン麺と、シャキッと野菜。そして、おやおや今日は、ウズラ卵が2個ものっているではないか?!コリャおそらく、経験十分の老舗のはずが店舗が変わると勝手が違うのか、我の後客に先にチャンポンを配してしまった事への、店主の謝罪の気持ちの表れか??

来る客、来る客、間違いなく常連顧客。「へぇ~、綺麗な店になったねぇ~!」「私はいつもの定食を」と、それぞれに馴染みの店の営業再開を祝い来店するさまに、町中華の魅力を再確認。

◎2018通年麺喰い
ラーメン172●チャンポン5●中華麺8●うどん85●そば8●その他5
◎10月の総ジョグ距離86km / 通年484km◎

Posted by heno at 2018年11月07日 21:32