2018年11月19日 月曜日

●三角? 四角?? きつねうどんのおあげさん ~その二十七~

中央区大名の飲食街の一角に、昨年8月オープンした「みのり」@中央区大名。なんでも中央区今泉の居酒屋「ひなた」の新業態店なのだとか。開店当初は「立ち飲みうどん店」として夜だけの営業だったが、今月よりランチ営業もスタート。

昼メニューは温うどんが8種と冷うどんが3種。「かけうどん」が400円とチト高めの価格設定。迷わず、マイブームである「きつねうどん」をたのむ。

店入口に、うどん打ち室。本格手打ちうどんがウリ。ランチタイム営業は客を待たせないよう心遣いされたのか、先行して生麺から茹で上げて、客のオーダーが入ってから、温めて出すオペレーション。

 
【みのり】きつねうどん600円 
巨大四角×1 
福岡市中央区大名1-9-25

ほどなく差し出されたきつねうどんは、大振りのドンブリ開口部一面を覆い隠さんばかりの、ドデカい南関あげ。まずはスメとひと啜りすれば、燻製感際立つ、鰹節由来らしき華やかなうま味。

合わさるうどんは、幅1.5センチ×厚さ2ミリほどの偏平麺。あたかもきしめんチックなビロビロな啜り心地と、しっかりモッチリな噛み心地が面白美味。店頭看板の「元祖博多平麺」の文字もナルホド納得の旨さに、むふふっ。

そして南関あげの独特な旨さ。サクッと軽やかな食感と共に、ジュワッと広がる煮汁の甘味と、噛み込むほどにニチッと粘る独自のヒキ。積極的にスメに漬け込むと、サクッと感からジュワッと感に変わる食味が、コレまた楽し旨しダイスキ。

「ごどうふの揚げ出し」や「大根の唐揚げ」「エイヒレ炙り」など、我がツボな夜営業の居酒屋メニュー。うどんも「生あおさうどん」など旨そう食べたいっ。うん、次回は夜!

◎2018通年麺喰い
ラーメン173●チャンポン3●中華麺8●うどん91●そば9●その他5
◎11月の総ジョグ距離19km / 通年503km◎

Posted by heno at 2018年11月19日 21:17