2018年11月21日 水曜日

●日々のラーメン

昨年に続いて冬季限定販売された「麺や佐渡友」@東区三苫の「酸辣湯麺」は、啜った瞬間広がる酸っぱ辛さのすぐその後に顔を出す、ほっこり旨いダシの味わいが味力。スープにとろみは付けず、卵も溶き卵でななく炒り卵と、とろんと濃い味になりがちな酸辣湯を、スキッとクリアに食べさせる。昨年はサイコロ状だったチャーシューも厚切りになりバージョンアップ、いやぁ旨いなコリャ旨いっと一気完食。

我が最愛塩ラーメンの一軒である「支那そば やっちゃんち」@中央区清川。鶏ガラのダシのうま味が存分にきいたほっこりスープに、プルリこしある偏平縮れ麺に、チャンと旨いチャーシューとシナチクに、ジュワッとプルルなお麩。正に鉄板旨い一杯に、今日もメロメロ。

熊本市で今、最も元気なラーメン店の一軒、「魚雷」。今年の夏、魚雷ブランド4軒目「麺処 魚雷」を東バイパス沿いにオープン。店のウリは激辛濃厚つけ麺だが、我が目当ては、開店当時こちらのブログの写真でその存在を知った「中華そば(醤油)700円」。なれど店頭の食券販売機から中華そばのボタンが消えている。ならばと「濃厚そば800円」。魚粉感を感じる濃厚魚介豚骨醤油スープにブリッと太麺のパンチ力抜群の味わいに、シャキッと白ネギと、赤柚子胡椒の清涼感。食べ応えある一杯に、人気の理由を思い知る。

◎2018通年麺喰い
ラーメン176●チャンポン3●中華麺8●うどん93●そば9●その他5
◎11月の総ジョグ距離30km / 通年514km◎

Posted by heno at 2018年11月21日 08:20