2018年12月25日 火曜日

●日々のコナモン

我がツボなうどん店の一軒である「うどん日和」@中央区六本松で、冬季限定「寄せうどん」。冷えた身体にシミジミ染みる滋味スメに、具のきつね揚げの仄かなあま味と、ワカメの磯の香に、天ぷら衣のコクが映える、あたかも鍋焼きうどんのスメ的味わいに、思わずほっこり。小麦香るプルルンうどんを噛みしめ、異なる具を食み、それぞれに変化する味わい余韻を存分に楽しめる。そして、食べ進むうちにグングンと身体がほっかほか。あぁ、やっぱり冬は、アッツ熱の具うどんに限ると、うっとり完食。

「チャイナダイニング劉」@中央区薬院の「トマトと玉子のスープ麺」は、太い棒状の生地を刃で削り作るから「刀削麺」。その製法による、不規則な厚みの極太扁平麺ならではのムニムニ変調食感と、豊かな小麦の風味が絶品。鶏ガラらしきスープのうま味に、トマトと玉子のあま味が映る滋味スープとの相性も抜群。

イタリアン「ヒラコンシェ」@中央区警固の姉妹店というパン屋「アマムダコン」。その出自ならではか、具を生地に練り込んだり、焼いたパンにサンドしたりした、惣菜チックなパンがズラリと並ぶ。中でもググッと我がツボ美味だった野菜と生ハムのサンドは、ガリッとモチッとなハード系のパンに、焼きニンジンや、煮ごぼう、バターソテーした青菜などなど、コレでもかとサンドされた野菜のうま味のコラボ。あはは、コリャ旨いっと、ついついワインがすすむすすむ。

◎2018通年麺喰い 
ラーメン187●チャンポン7●中華麺12●うどん100●そば10●その他5 
◎12月の総ジョグ距離56km / 通年580km◎

Posted by heno at 2018年12月25日 23:46