2018年12月29日 土曜日

●日々のイニシエなるラーメン

年寄りの原点回帰と分かっちゃいるが、やっぱり、その地に根付き愛されている、イニシエなラーメン店が好き。例えば、福岡市のイニシエ・ラーメンチェーン「博多ラーメンしばらく」の福重店

カウンター奥の厨房には老齢店主と、若者男性3名に女性1名。若者男性ひとりが麺を揚げ、女性がサポートしつつ、具をのせる。出来上がったラーメンを迅速に客へと運ぶ若者男性2名と、それら若者の仕事ぶりに目を光らせながら、黙々と下ごしらえ作業に励む老齢店主。長年営業をし続けててきたからこそ構築されたであろう見事な連携オペレーションに、ひたすら惚れ惚れしつつ、ズズッと寛ぐ。

例えば「宝来軒」@大分県中津市。から揚げや鶏天など鶏肉食文化圏である大分県中津市の老舗ラーメン店の一杯は、おそらく鶏ガラ由来らしき豊かなうま味とコクが、ウハウハと半端ないっ。エリアの食文化が味わいに反映した、これぞ「ご当地麺」なラーメンが啜られるのも、その地のイニシエなラーメン店の魅力。

例えば「好来」@熊本県人吉市。真っ黒なスープは豚骨に色濃く映える、焦がしニンニク風味のマー油。加えて、コレでもかと大盛りの中細扁平麺に、こんもり盛られたモヤシと、もっちり旨いチャーシューと、卓上に胡椒と共に置かれた鷹の爪に「酢ジョウユ」と記されたタレ。そして、そんなオンリーワンな独創ラーメンを楽しみに、盆正月の帰省の際には必ず訪れる多くのオールド・ファン客。そしてそして、その様を目の当たりにしつつ、大衆食ラーメンの魅力を改めて実感できるのも、イニシエなラーメン店ならではの魅力。

◎2018通年麺喰い
ラーメン194●チャンポン7●中華麺12●うどん100●そば10●その他5
◎12月の総ジョグ距離56km / 通年580km◎

Posted by heno at 2018年12月29日 01:37