2018年12月31日 月曜日

●日々の麺

ドップリ我がツボなうどんの味に惹かれ、ならば全てのメニューを啜りたいと通う「三井うどん店」@小郡市。1ヶ月ぶりに訪ねると、ナンとまたも新メニュー「もずくうどん」?!

シミジミ旨い滋味スメに、軽やかに映る磯の香と、もっちりうどんと共に口へと収まり、シャクッとぷるりんな食感コラボ。主役の素うどん自体の美味しさを、控えめに支えつつ、さらに増幅させる。これ正にうどんの具として適役。

創業当時から「かまぼこ天」など独自なメニューがあった。そして、前回の「するめ」や、今日のもずくと、それ自体はありきたりだが、素うどんと組み合わせることで、グッと旨さを倍増させる名脇役を選び、組み合わせる店主の料理センスに感服しきりで、ほっこり完食。

「らーめん志士」@北九州市小倉北区の名物冬季限定メニュー「ショウガらーめん」。レギュラーメニューのラーメンのタレに、おろし生姜を溶き入れて仕上げたもので、醤油、塩、ピリ辛からチョイス出来る。

我がオーダーは醤油のショウガらーめん。スープを一口啜れば、瞬間広がる生姜の爽やかな辛味と、すぐその後を追ってくる鶏がららしきダシの柔らかなうま味。いやはや、この味わいはクセになるっ。機会を作り、次回は塩も啜ってみたい。

チャンポン名店が密集する中央区六本松。その一軒「博多ちゃんぽんえいと」は、大振りドンブリにこんもり盛られた麺と具が男前だが、さらに野菜大盛りの「野菜×2ちゃんぽん」も有る。そして「カレーちゃんぽん」や「炙り焼豚ちゃんぽん」など、創作チャンポンもラインナップ。

オープンして1年半、すっかり顧客がついたようで、昼時の店内はほぼ満席で、全てが男性客。そして中には、野菜と麺とも大盛りをオーダーする猛者も。うん、我も負けじと、がっつり食べてパワーチャージ、午後の仕事に向け英気を養う。

◎2018通年麺喰い
ラーメン195●チャンポン8●中華麺12●うどん101●そば10●その他5
◎12月の総ジョグ距離56km / 通年580km◎

Posted by heno at 2018年12月31日 19:27