HENO HENO: 2019年02月06日 アーカイブ

2019年02月06日 水曜日

●三角? 四角?? きつねうどんのおあげさん ~その三十三~


【なか卯】四角×2
きつねうどん390円
福岡市早良区小田部3-12-26

全国チェーンである「丼ぶりと京風うどんの なか卯」の福岡市1号店が、昨年11月末に早良区小田部にオープン。正月6日午後の店内は、7割方が年配客で、その多くが丼ぶりものを食べている。やはりこの年代にとっては、うどんより丼ぶりものがおご馳走なのだろう。

我がお目当ての「きつねうどん」は厚みのある四角いお揚げさんが2枚。やはり関西のきつねうどんは、四角が主流で、かつ厚めで存在感のある食味が共通する特長か。


【麺工房なか】三角×2
きつねうどん500円
福岡市中央区大名2-11-10

大名、と言っても2丁目の裏通りと、かなり辺鄙な立地なれど、昼時は満席必至の人気店である「麺工房なか」。筑後うどんを謳ううどん店の「きつねうどん」は大振りの三角が2枚で、厚みもそこそこあって、食べ応えあり。長めの麺線の中細扁平うどんのモッチリと相まって、いやぁ旨いっと一気完食。


【長浜うどん】三角×3枚
きつねうどん450円
福岡市中央区長浜2-5-102

そして豚骨ラーメンの聖地とも言える長浜の雑居ビル一階に、最近オープンした立ち食いうどん店の「きつねうどん」は、三角が3枚。やはり、ここ福岡県は三角揚げが圧倒的優位。

なんでも、この店の「しいたけうどん」は椎茸だけでダシを取ったスメなのだとか。どうやらそれ専用に作っているのだろう、きつねうどは所謂ノーマルな、うどんのスメ。きちんと作られた感ある一杯に、ほっこり。

Posted by heno at 22:16