2019年03月06日 水曜日

●日々の麺屋酒

一昔前は、麺屋でチョイ呑みと言えば、蕎麦屋のイメージだった。東京では、蕎麦味噌やだし巻き卵をアテに、キュキュッと日本酒を楽しみ、締めに蕎麦を啜るのが、粋な蕎麦屋の楽しみ方と聞いていたからだ。

だがしかし、考えてみると、ここ博多は古くから、うどん屋でチョイ呑み文化圏。中央区渡辺通の「弥太郎うどん」の夜営業は、完全に居酒屋状態だし、昨年末に閉店してしまったが屋台「あや」は呑んだ後の〆のうどんが人気の老舗だった。

そんな博多の洲崎町に2003年4月、「つきよし」がオープン。鮮魚店で働いていた店主が出す、安くて旨い魚料理と〆の手打ちうどんが大人気となり、予約ナシではなかなか入れない超人気店となる。そして、2010年8月には「仁○加屋長介」@中央区薬院がオープン。背の高い店内の壁一面にズラリと並んだアテのメニュー書きに呑兵衛気分がそそられる名店で、現在の博多うどん居酒屋ブームを牽引する。

 

大濠公園の横に2014年にオープンした「讃岐うどん茶ぶ釜」も、当初はうどんのみの提供だったが、現在ではチョイ呑みも楽しめる。しかもナンと、昼酒大歓迎との事。

春野菜とイカのぬた和えや、うどんのダシで火を通した菜の花など、季節感満載のアテの数々。昼酒はアテ1、2品に日本酒1合でサクッと済ますべきなのに、ツイツイ4品&熱燗2合&〆にゲソ天ぶっかけを温で啜る。


そして博多では、うどん屋よりもっとメジャーな「麺屋でチョイ呑み」が、ラーメン屋酒。最近の我が大ヒットが「まさちゃん」@中央区薬院。アテ3品にアルコール1杯と〆のラーメン1杯がセットの「晩酌セット」がナンともウレシイ1500円。菜の花のおひたしや、鶏つくねと白菜の暖か煮など、チャンと美味しいアテを芋のお湯割りで楽しみ、コレまたシッカリ美味しいラーメンで締める。

唯一残念なのが夜だけの営業時間。この手のチョイ呑みラーメン屋は、休日午後に、店内の高い位置のテレビから流れる野球のデーゲームを眺めつつ、ゆるゆる楽しみたひっ。

Posted by heno at 2019年03月06日 12:06