2019年03月19日 火曜日

●日々のネオ博多うどん

福岡発の「仁○加屋長介」や力の源カンパニーの「博多うどん酒場イチカバチカ」などの東京進出も手伝って、一気に全国区となった感ある博多うどんだが、最近福岡市内にも、新しい美味しさを提供する新店が次々とオープン。

福岡市での讃岐うどんブームを牽引した「福岡麺通団」。今は閉店してしまったが、勤めた方々が、「讃岐うどん茶ぶ釜」@中央区大濠公園「うどん こまる」@中央区平尾など、数多くの美味うどん店を開業。

今月オープンした「粉やなぎ」@中央区平尾も然り。元は福岡麺通団で店長を務め、最近は24時間営業の博多うどん名店「弥太郎うどん」にも勤められていた小栁マサトさんが開業した店なのだとか。メニューは4~5種と絞り込んでの開業のようだが、いずれも独自のひと工夫された創作うどん。

店一押しの「クレソンうどん」は、店主の職歴そのままに、讃岐うどんベクトルの、もっちりと深いコシのうどんと、抑揚感の節系ダシが絶品な博多うどんベクトルのスメ。加えて、シャリッと絶妙なクレソンの風味と、スメの熱で食感と風味が徐々に変化していく艶っぽさ。

今年の1月にオープンにした「饂飩おおた」@中央区大名「食堂えぶりお」@中央区春吉の姉妹店。「トマトたまごとじ」や「黒豚ネギ」など面白美味そうなメニューが並ぶが、ロートル麺喰いオヤヂは「初うどん店はゴボ天」。昆布らしきダシのうま味に存分に母性を感じる優し味のスメと、スルルと小気味よい啜り心地のうどんに、カリッと芳ばしい薄切りゴボ天の味わいコラボと少なめのポーションが、カフェ系フェミニン美味。

讃岐で修行経験を持つ店主が作る、テロリと柔ゴシ扁平うどんが独特美味な「恵味うどん」が今月、中央区薬院から六本松へ移転オープン。それに伴い全メニューが値上げされたようだが、それを補ってもあまりある我がツボ美味。

以前より更に風味が増した、イリコ由来と思われるダシの、絶妙な抑揚感が、ソリャもう絶品。ギンギンに金気さえ感じるイリコだしは讃岐うどんには多々あるが、嫌味になるギリギリ手前の、ひたすらうま味のみを出し切った、この寸止め感が染みる滋味。

櫓状に組み揚げられたゴボ天も、以前よりゴボウが太めで、かつホックリと調味茹で上げられてから、揚げられている。なので、カリッとホクッと奥深い旨さにメロメロ。以前よりも更に旨くなったスメを生かすべく、別皿で供されるオペレーション変更にも、店主のうどん愛をヒシヒシと感じる美味さ。

Posted by heno at 2019年03月19日 00:35