2019年04月29日 月曜日

●放るモン?いや、頬張るモン! 【うどん】ホルモンうどん廣福@糟屋郡志免町

きっかけは「kiji」の記事。広島市西区はネイティブなホルモン食文化圏エリアで、「ホルモンの天ぷら」?を「客が包丁で切って食べる」?!そして、〆にホルモンでスープを取った「でんがくうどん」が食べられる??!!。

ナニせ真性麺&ホルモン好き。かつ、色モン食べモン大好きだモンっ。で、是が非でも啜りたひっと昨年のGWに広島ツアーを敢行するも、案の定、その手の地元密着型の飲食店は、ことごとく休み……。

いつかリベンジするぞと機会をうかがっていると、福岡新麺情報通のブログに衝撃の記事が上がる。えぇっ、福岡市南部の糟屋郡志免町に、廣島ホルモンうどんを食べさせる、その名も「廣福」がオープンしたの?!

我が最愛二郎系ラーメン店の一軒である「島系本店」の軒並びに「廣島最強B級グルメ」「ホルモン天ぷら ホルモンうどん 廣福」の看板。真新しい純白の暖簾を潜ると、カウンターにズラリとホルモンの天ぷら。

店員に伺うと、広島出身のオーナーが、福岡にも廣島ホルモン食文化を知らしめたいと、今年の1月にオープンさせた店なのだとか。

ホルモンのメニューは「ホルモン天ぷら」と「ホルモンうどん」「ホルモン汁」「ホルモン鉄板」に、持ち帰り専用の「廣ほる揚げ」の5種類。

ホルモンうどんは、ホルモンで取ったスープにうどんを合わせて、具には煮込んだホルモンがのるとの事。ならば、ホルモン天ぷら3種とホルモンうどんがセットになった4月限定ランチメニュー「ホルモンうどんセット500円」をたのむ。

ほどなく、ホルモン天ぷらが3種が供される。はちのす、せんまいにがつだろうか?卓上に用意すれたのは包丁ではなく、料理用ハサミ。それぞれ一口大に切り分けてから、店員さんのお薦め通りに、酢醤油と唐辛子味噌に付けて囓れば、味わい深いホルモンならでは、それぞれに異なる食感と味わいの万華鏡。

いやあ旨いね、ホルモンの食べ方として天ぷらは十二分にアリアリだっとアレコレ囓っていると、ホルモンうどんが供される。丸形の中細うどんに、よく煮込まれたたしきホルモンが数種の部位。スメは醤油カエシを用いない、出汁の旨みがダイレクトに味わえるタイプ。

店員さんの薦めに従い、件の唐辛子味噌を添えて、先ずはスープとひと啜り。おそらく下処理が徹底されているのだろう。ホルモン特有の臭みは一切なし、じわぁーと広がるホルモンの出汁の旨みが染みる滋味。

合わさるうどんは、しっかりと加熱された柔麺具合がググッと我がツボ。当然、スメとの絡みもすこぶる良好。しっかり煮込まれたホルモン各部位のプルっ&サクっ食感とのコラボも悦楽。ホルモン各部位それぞれの旨さをトコトン楽しみつつ、ウットリ完食。

持ち帰り専用の「廣ほる揚げ」。辛味バージョンと塩バージョンが選択できるも、ロートル我が身は迷わず塩。部位それぞれに、それぞれの食感とうま味。放るモン?いや、頬張るモン。ホルモン嫌いには地獄だが、ホルモン好きには天国美味な料理の数々に、是非またの再訪を誓う。

Posted by heno at 2019年04月29日 21:51