HENO HENO: 2019年05月06日 アーカイブ

2019年05月06日 月曜日

●臭っさーい、だから旨っまーい豚骨ラーメン 【ラーメン】萬龍@東区香住ヶ丘

今年も半年経たずだが、おそらく今年の博多豚骨ラーメンナンバーワンは「ラーメン駒や」@東区馬出。いみじくも博多豚骨ラーメン始原の一軒「博龍軒」の至近距離。鉄板焼き居酒屋を経営していた若き店主が、オールドスタイルの博多豚骨ラーメン好きが高じて、遂に居酒屋店舗を大改装してラーメン屋へ業態変更。

これまでの寸胴鍋に加えて、その3倍は収容量がある大型寸胴鍋をセンチ出来るようになり、スープの管理がやりやすくなった事で、ラーメン作りに余裕が持てた効能なのだろうか。まずチャーシューが低温調理に変えたのか、随分とモッチリと旨い。そしてナニより要のスープ。口当たりの軽やかさと、すぐその後に広がる豊かな豚骨ダシの風味と、心地よく鼻腔にへばり付く豚骨臭。

かつては当たりまにあった、臭っさ旨い豚骨ラーメンだが、最近の主流は臭くないマイルド豚骨。だが、街のアチコチにガラパゴスな臭っさーいラーメンが残存し、たまさかその存在を知った時の喜びと言ったら半端ない。

「昔なつかし博多の味!!」との看板文字が気になり続けていた「萬龍」@東区香住ヶ丘。ざっくばらんな外観同様に店内もいわゆる大衆中華料理食堂的さり気なさ。そして店に入った瞬間に、クンッと鼻を擽る臭っさーい豚骨臭のコノ感じこそ、オールド博多豚骨の真骨頂。

我が最愛豚骨店であった「未羅来留亭」@早良区西新を彷彿とさせる、澄んだ感ある醤油色の豚骨スープ。一口啜れば、瑞々しい口当たりのすぐその後にクイッと顔出す豚骨フレイバー。

そうそうコレコレこれなのだ。良かった、まだまだコノ手の臭っさーい豚骨に巡り会えるシアワセ。「職人が作り出した自然食 体においしさいっぱい 100%純とんこつスープ 最後の一滴までおいしいスープです」との店頭貼り紙に嘘はナシ。

Posted by heno at 20:37