2020年06月17日 水曜日

●白濁豚骨発祥の地・福岡県久留米市の醤油ラーメン ~麺庵えいと@久留米市東合川町~

白濁した豚骨ラーメンのスープは、久留米市で営業していたラーメン屋台が、スープを取る際にたまたま強火で長時間豚骨を煮てしまった結果、偶然に完成したと言われている。

そんな歴史背景もあり、ラーメン=白濁豚骨ラーメンwith 海苔が、久留米ラーメンとのイメージが強かった。が、ここ10年間、ラーメン食のボーダレス化が顕著で、豚骨以外のラーメン店が数多く開店している。

久留米市街地から北西へ5㎞ほど、幹線道路沿いに多くの商業施設が建ち並ぶ一画の裏通りに、4月末にオープンした「麺庵えいと」。オープン間もなく、昼時は行列必至の人気店に。こぢんまりとした店内に三方の壁側に向かいコの字型に配されたウンター席に、蘊蓄書きが置いてある。

どうやら、丸鶏を長時間低温調理して取ったスープの「鶏出汁醤油らぁ麺」が代表メニュー。如何にも丁寧に作られているのだろう、透明感ある醤油スープは、効き具合の抑揚が絶妙の鶏ダシと醤油ダレとのハーモニーが、うっとり滋味美味。ホクッと解ける麺の優しいコシも相まって、味わいの印象の芯は、今をときめく「らぁ麺やまぐち」@東京都新宿区西早稲田に相通じる。

店主らしき青年のファッションも然り。一昔のラーメン店員のイメージは、黒い半袖Tシャツに、瞳ギリギリぐらいに巻かれた黒タオルのハチマキに、斜め姿勢で腕組みしたマッチョな姿。なれど、こちらはシンプルな白シャツに、ナチュラルな下げ髪の、華奢な体型。

鶏ダシ醤油らぁ麺の他にも「つけめん」や、公式Instagramによると曜日によっては「煮干し出汁醤油らぁ麺」専門店として営業もするという、なんともイマドキな醤油ラーメン店。ならば次回は、煮干し出汁を頂きたい。

Posted by heno at 2020年06月17日 14:20
コメント
コメントしてください




保存しますか?