2020年06月29日 月曜日

●中華風にリニューアル?酸辣湯麺的どぎどぎうどん ~博多わいわい亭@福岡市博多区博多駅南~

北九州市小倉南区のご当地肉うどんである「どぎどぎうどん」が恋しくて、かれこれ5年ぶりに「博多わいわい亭」を訪ねる。と、おやおや様子が変わっているぞ…。

麺類のメニューの筆頭は「肉うどん」だが、その下には以前は見かけなかった中華麺が3種類書いてある。そして、「なぁにに、しましょうぉかぁぁ?」と、特有の口調で注文を取りに来られたのは中国人らしき中年女性。

運ばれてきた肉うどんは、九条ネギのような中太ネギとおろし生姜がのっている様は前回と同じ。卓上の鷹の爪唐辛子をひと匙添えてスメを啜れば、おやぁ…?こりゃ酸っぱい!辛い!!旨いな旨い!!!

以前は卓上に調味料として置かれていた黒酢が、調理段階で加えられて供されたのだろう。特有のコクある酸味が肉肉しい味わいのスメのうま味を際立たせる。加えて唐辛子と生姜のそれぞれクセある辛味が後味をピリッと引き締めて、あたかも酸辣湯どぎどぎうどん。

かつては小倉肉うどんチェーン「肉ちゃんうどん」の博多駅南2号店だったらしいが、5年前に屋号が変わり、もつ鍋やホルモン鉄板、地鶏焼きを出す居酒屋に。ランチで肉うどんを啜ったが、その時卓上には、山椒や中華香辛料の八角などブレンドしたオリジナルの香辛料も置いてあった。

と言うことは、もともと中華テイストな料理がお得意で、5年の間に麺メニューもズバリ中華な「牛肉マーラ麺」や「担々麺」が加えられたと言うことだろうか?そして壁に張られた牛肉マーラ麺の写真にゴロッとのった牛すじ肉を発見。そして麺は我が好物の扁平太い中華麺?!うん、次回はコレ食べてみたいっ。

Posted by heno at 2020年06月29日 22:24
コメント
コメントしてください




保存しますか?