2001/06/11(月)

おろしぶっかけ 650円
 「名は体を表す」とはよく言ったもので、瀟洒なたたずまいの店の作り通りの、「瀟洒なぶっかけ」が出てきた。
 能古うどんは、福岡市の沖合に浮かぶ能古島で作られているうどん。とは言っても長崎の「五島うどん」などのように古くからの郷土食として親しまれてきたものではなく、十数年前から島の新たな産業として生産されているうどんだ。市内のスーパーで高級半生めんとして売ってもいる。私の認識に間違いがなければ、能古うどんの仕掛け人は、福岡では有名なそば屋「多め勢」。
 出てきたうどんは一見して「由緒ただしい美人」。うどん自体はもちろん、器から盛りつけまで、スキはない。そんな趣もお構いなしに、いつもの通りズルッとお下劣に啜ると、おや?甘いぞ・・。つゆではなくうどん自体に甘みを感じる。それも強烈に!「なんじゃ、こりゃあ〜」(by故・松田優作)的カルチャーショック満点のうどんでした。
屋号 能古うどん
住所 福岡市城南区長尾3-8-1
電話 092-553-1040
営業 11:00〜21:30
店休日 年中無休
駐車場 あり