「麺喰い日記」のHOMEへ 前へ 次へ

1月24日(木)

 寒い!風も冷たく、自転車をこいでいてもいっこうに体が温まらない。こんな日は、暖か〜いみそラーメンに唐辛子を多めにかけて喰いたい!&さすがにラースタ人気も一段落しただろうと、むつみ屋目当てにキャナルシティへ。しか〜し、平日の昼だというのにむつみ屋山頭火坂内食堂には順番待ちの長蛇の列・・。元来が短気な私、あっさりとあきらめ、さぁどこでなにを喰おうか・・。そうだ!明星飯店が近くじゃないか!!

 アノうま馬冷泉店の隣に、目指す明星飯店を発見。Tさん&ホルモンさんから推薦のメールをいただいた店だ(情報ありがとうございました!)。店の作りは中国っぽい。チープ but 赤を多用した内装&カーテン一枚で仕切られた厨房など、以前行った中国の田舎町・湖南省張家界ではいった街の食堂にそっくり。夜はいろんな中華料理を出しているようだが、昼は麺料理のみ。「野菜たん麺」や「横浜風チャーシュー麺」(?)など6種類の中から、店一押しの担々麺をたのむ。
 ギョっ!?出てきた担々麺には青菜が山盛り。これ、パクチー(タイ料理につきもののクセの強い香草)!?嫌いじゃないけど、これだけの量はちょっと・・。と恐る恐る口にすると水菜だった。気を取り直して、スープをすすると、ゴマの香り&独特の中華香辛料が効いていて、なかなかの出来。透明感がある中麺も結構ウマイ。ただ、水菜の量が多すぎる!結果、スープは冷えるし、麺だけを啜る事も難しい。純粋に「麺好き」の私は、ズルズルと豪快に啜って食べないと、麺を喰った気がしない。それと680円は高すぎ・・。
 それにしても、この一帯はしま屋に、勇紀明星食堂と担々麺をウリにしている店が目白押し。あな不可思議・・。
明星飯店:担々麺680円。福岡市博多区冷泉町9−21。
◆2002年通算■ラーメン15うどん4そば3