「麺喰い日記」のHOMEへ 前へ 次へ

3月10日(日)

 お馴染み「九州らーめん紀行」の掲示板に、気になる投稿を発見。
3月4日付けのまるパパさんの書き込みによると、元喜屋に関連がある店・げんき屋が福岡市西区にオープンしたのだとか。
 元喜屋といえば、秀功社「ラーメン本」での写真を見て、いつかは行きたいとチェックしていた北九州市若松区の店だ!これは、喰わなきゃイカンでしょう!
 書き込みの情報、「福重のダイエーより拾六町団地側 佐川急便隣」を頼りに行ってみると、いとも簡単に店を発見!ちょっと入るのに勇気のいる構えだが、せっかくここまできたのだ、と突入。
 居酒屋のような店内だが、メニューはラーメンと餃子と、チャーシュー皿盛りのみ。ラーメンは、トンコツ以外にも、豚骨味噌やとんこつしょうゆ、ピリ辛など数種類ある。オススメのとんこつしょうゆをたのむ。
しょうゆとんこつ◇げんき屋
 見た目はいたってオーソドックス。どこにでもありがちなラーメンといった感じ。あまり期待せず、スープを一口啜ると、・・・ほぉ、ウマイじゃないの!甘み&香味油が効いたマイルドタイプ。この手のスープは往々にして、甘みが嫌味になったり、あとから足したラードが口にまとわりつく&結果味を「薄っぺら」にたり、逆に妙に水っぽかったりするのだが、げんき屋のスープは「底力」があるのか、見事な味わいに仕上がっている。細めの扁平麺も、茹で具合&食感&味わいとも、上出来。
 一蘭をもっと「志高く&誠実に&唐辛子味噌抜き」にした感じ。これで、「分かりやすいアピールポイント」さえあれば「大化け」する可能性も?
 「2月末にオープンしたばかりで、こちらの様子が全く分からず、店休日はまだ決めかねている」との事。と言うことは、元喜屋@若松
直営の支店か?
げんき屋:とんこつしょうゆ500円、替え玉100円。福岡市西区拾六町2−6(福重ダイエー西の佐川急便西隣)。
◆2002年通算■ラーメン49うどん28■そば12