「麺喰い日記」のHOMEへ 前へ 次へ

3月11日(月)

 「フランス料理店が手がけるラーメン」として一年ほど前、よくマスコミに取り上げられていた麺屋・水輝に初挑戦。店頭には赤布に白地で「私達三人で、フランス料理歴八十一年の経験を結集して仕上げたスープです。是非、ご賞味くださいませ。店主」と記されている。店構え&
店内のインテリアもどこか、洋食屋風。さらに、働く人々の服装も洋食店のシェフ風。
ラーメン◇麺屋・水輝
 しかし、出てきたラーメンは、いわゆるオーソドックスなトンコツ。スープを啜ると、甘め&香味油が効いた一蘭タイプ。麺も極細でまさに一蘭フォロアーとしてよくあるタイプ。昨日のげんき屋のように秀でた特徴は感じない。ただ、一瞬「よく煮込まれたタンシチュー」的味わいのチャーシューは好みです。さすが、洋食屋のチャーシュー!?
麺屋・水輝:ラーメン500円、替え玉150円。福岡市中央区平尾3−10−10。11:30〜24:00、年中無休。
◆2002年通算■ラーメン50うどん28■そば12