「麺喰い日記」のHOMEへ 前へ 次へ

3月14日(木)

 岩田屋西新店の地下二階のもっとも奥まったところにある西新うどん人の通りがほとんど無い最悪の立地ながら長年頑張っている。と言うことは、ひょっとしてとてつもなくウマイのか?と初挑戦。
ざるうどん◇西新うどん
 「初めてのうどん屋では冷たいうどんを」が私のポリシー。ざるうどんをたのむ。が、これが大失敗。ざるに盛られて出てきたうどんは、透明感の欠片もない「茹で置きうどん」。しかも、製麺所から仕入れているのか、茹で終えて5〜6時間は経過しているのではないだろうか?角が真ん丸・・。覚悟を決めて啜ると、予想通りの味・・。
 西新うどんのように、ご当地名を屋号につけている店は「老舗」が多い。「老舗」は往々にして、元来の博多うどんの基本である「柔らかうどんに熱々のすめ」を忠実に守り続けるものである。そんな店に、讃岐ばりの「ツルッ&シコッ」冷たいうどんを期待する方が間違いでした。
西新うどん:ざるうどん490円。福岡市早良区西新4−1−1西新岩田屋地下二階。

◆2002年通算■ラーメン51うどん29■そば12