「麺喰い日記」のHOMEへ 前へ 次へ

3月24日(日)

 先週に引き続き、お手軽登山。5歳の長男と4歳の次男を連れ、福岡市城南区の油山(標高597m)へ。片江展望台に車を置き登山道へ入るが、想像以上に険しい道が続く。しかし、長男は先週とは違っていたって元気。山に少し慣れたのか?いや、きっと次男に自分のカッコイイ姿を見せたいのだろう。「はやと(=次男の名前)、気を付けろよ!」と次男に声をかけながら、足場が悪い急勾配の坂を登っていく。
妙見鼻にて記念撮影。長男は最近めっきり「ハリケンジャー」気分のようです。 登りはじめて1時間半後、妙見鼻に到着。わずか2キロの距離だが、子供達にとってはかなりハードな登山だったことだろう。足場の悪い山道は登るときよりも下るときの方が体力を使うもの。山頂を諦め、オニギリをパクつき、記念撮影。ガッツポーズが力強い!!かなりの達成感を感じているのだろう。ウン、よく頑張ったぞ!!(^_^)b
 1時間半かけ下山後、車を西へ走らせ、早良区椎原温泉涼山泊で露天風呂をたっぷりと楽しんだ後、さぁ麺喰うぞ!
 涼山泊のすぐ近くのしいばそばへ初挑戦。いかにも、「お金かけてません」的プレハブ建ての外観は期待薄。しか〜し、道すがら点々と掲げられていた手書きの看板の、誇らしげな「手打ち」の文字を信じ、いざ、突入!ざるそば&ざるうどんをたのむ。
ざるうどん◇しいばそば
 まず出てきたざるうどんは、甲イカ刺しを彷彿とさせる半透明の黄金色で、かなりの「美人」!期待度一気上昇!!で、ず、ず〜っ、・・・いいねぇ!
 噛んだ瞬間の強烈なコシ&噛みこむうちに「ほどけて」いく感じは、これぞ「讃岐スタイル」!これで、麺が細切れでなく、塩気がもう少し控えめ&ひたすら甘辛いだけのつゆに削り節の香りがプラスされれば・・。
ざるそば◇しいばそば
 続いて出てきたそばは、つなぎに入れた小麦粉を感じる普通のそば。屋号はしいばそばなれど、うどんの方に将来性をビシバシと感じる・・。
しいばそば:ざるうどん600円、ざるそば600円。福岡市早良区椎原。11:00〜19:00、休み不明。
◆2002年通算■ラーメン59うどん26■そば17