「麺喰い日記」のHOMEへ 前へ 次へ

3月28日(木)

 昨日から熱を出して寝込んでいた次男だが、今朝になっても熱が下がっていない。カミさんの仕事は、月末が忙しい職種。しかも今月は年度末だからなおのこと忙しく、休めないという。結果、私が仕事を休み、「クレイマー・クレイマー」。

 午前中、ぐっすり寝たおかげか、昼過ぎに目覚めると熱が下がっている。「よかったな」と声をかけると、「父さん、ラーメン食べたい」。
 「休日の昼は麺」は我が家の常識、昼に私が居る=昼飯は麺、と思ったのか・・?まさに「パブロフの犬」状態!分かった、ならばげんき屋のラーメン食べて、元気になれよ!!
トンコツラーメン◇げんき屋
 トンコツに初挑戦。スープの色は、当然の事ながら前回の醤油トンコツに比べると白っぽい。一口啜る。おや?違いは見た目だけじゃないぞ。全ての印象が前回とは全く違うぞ・・!?前回の醤油トンコツとは、質の全く異なるウマさが魅力的な「懐かし系ラーメン」だ!
 前回感じた「新世代系ラーメン」的要素は皆無。「マイルド&気持ち甘め but 適度な塩気で後味すっきり」な味わいは共通なのだが・・。元だれや香味油の量などの違いだけで、これほど印象が変わるものか!?
 
麺も違う。前回は若干扁平した「新しいタイプの細麺」だったが、今日は扁平していない「昔ながらの細麺」である。麺も使い分けているのか?
 そして、食べ終わってふと器を見ると、龍昌軒なる文字が・・。
 イロイロと摩訶不思議なげんき屋である。
げんき屋:トンコツ400円、替え玉100円。福岡市西区拾六町2−6(福重ダイエー西の佐川急便西隣)。「店休日不定、来月には決めたい」との事。
◆2002年通算■ラーメン62うどん27■そば17