「麺喰い日記」のHOMEへ 前へ 次へ

4月14日(日)

 やるべき仕事は、山ほどある。しかし、この好天気!えぇ〜い、イザとなりゃ連チャンで徹夜すれば、何とかなるサ!!人は遊ぶために生まれてきたのだ!!
 まずは、麺喰うぞ。チビどもを連れ、OGTさんオススメのさかなしうどんに初挑戦。
ごぼう天うどん◇さかなし
 まず出てきた「ごぼう天うどん」は、うっすら琥珀色に透き通った魅惑的なすめ然り、「美人」に揚げられたごぼう天然り、丁寧な仕事ぶりが伺える期待作!すめを啜る。うん、ちょっと塩気が強いが、香りとイイ、ふくよかな味わいとイイ、キッチリと作られている端正なすめだ!うどんを啜る。ほぉ〜!表面の滑らかさが絶品。
ざるうどん大◇さかなし
 続いて出てきた「ざるうどん」を啜ると、さかなしワールドを更に実感。もうツルッツル!とてつもなく滑らかな食感と噛み込むときのジンワリしたコシがクセになる!多分、生地を練るときの塩分濃度多め&少量の米酢を加え、かなりの期間生地をねかしているのでは?同じくOGTさん推薦の他車(讃岐ストロングタイプ)とはまた違ったタイプ(手延べ的滑らかさタイプ?)の上物でした!ただし、つゆは典型的「博多ざるつゆ」・・。
 疲れているときは温泉に限ると、My favorite SPAのひとつ、武雄温泉へ。ゆったりつかったあとの、特有のスベスベとした感じが最高!身も心も癒された後は、再び胃も癒すべく、来久軒へ初挑戦。
ラーメン大◇来久軒
 あまさんオススメの来久軒は、以前から気になっていた店。出てきたラーメンは、一見して「迫力満点」。全盛期の大龍@久留米を彷彿とさせる薄茶色のスープは、見るからに濃い味!しかし一口啜ると、その瞬間はトンコツの随の濃いめの旨さがジンワリと口いっぱいに広がるが、その後に「乳白色熊本ラーメン系」のマイルドな風味が追ってきて、結果、後味はいたってサッパリ。気持ち太めの麺も、かなりイイ!
 代金を払うとき厨房を見渡すと、奥で巨大なスープ釜が3つ。それぞれに「新」、「中」、「古」の木札がかかっている。常時、時間差のある3種類のスープをとりながら、それらをブレンドして使っているのか?新しさ&派手さはコレッぽっちも感じられないが、「実直な仕事ぶり&職人技」を痛感させられる、「誠実」なラーメンでした。食べ終えたあと、とてもシアワセな気分になった私でした。
さかなしうどん:ごぼう天うどん450円。ざるうどん大600円。福岡市南区鶴田2−1−10

来久軒:ラーメン大650円。佐賀県武雄市武雄町大字武雄4190−2。
◆2002年通算■ラーメン75■うどん36■そば19