「麺喰い日記」のHOMEへ 前へ 次へ

5月23日(木)

 あぁ、昨夜も飲み過ぎた。胃が疲れている。絶好の「うどん地位向上委員会」的体調だ。いざ、ごぼう天実体調査へ。目指すは
裕英(ひろえ)うどん荒江店。いつだったかインターネットで見かけ、チェックしていた店だ。
 麺帳に記した住所を頼りに自転車を漕ぐ。確かこのあたりのハズだが・・。行けども行けども見つからない、おかしいなぁ。さらにキョロキョロと探しつつ、来た道を引き返していると、あっ、こんなところに・・!
 荒江プラザというパチンコ屋の二百台はゆうに収容できそうな広々とした駐車場の奥の奥に、裕英うどん荒江店を無事発見。なんだか、讃岐のあたりやみたいなシチュエーションだなぁ。
 メニューには「硬麺も出来ます」。揚げたてが喰えるのか・・。しかし、ごぼう天実体調査の調査精度を考えると、デフォルトでたのむべきだ。しばしの葛藤の末、
「すんませ〜ん、ごぼ天、硬麺で!」
 やっぱりうどんは揚げたてが一番!げに悲しき麺喰いの性・・・。
ごぼう天うどん◇裕英うどん荒江店
 待つこと10分弱で、大ぶりな丼のごぼ天が運ばれてきた。ごぼう天は「姿揚げ」タイプ。口に入れると、おぉ!揚げたてじゃないか!!衣の中には、気持ち厚めに切られた熱々&ホクホクのゴボウ!こりゃウマイ!!うどんは幅1センチに対し、厚さ2ミリほどの超扁平麺。川端うどん花よし同じタイプだ。芯が若干アルデンテ状態で揚げてあるから、きしめん状の割にはコシを感じて、なかなかウマイ。だがしかし、食感、味わいとも、極ウマごぼう天には、完全に負けてしまっている。ごぼう天には、太いうどんの方が相性がイイのかな?
 すめも、かなり薄味&だしの香りも薄目で、これまた川端うどん花よし同じ。のれん分けか?
裕英うどん荒江店ごぼう天うどん450円。福岡市城南区飯倉1−6−37(志免の金魚近くにに本店あり)。11:00〜21:00、年中無休。
 掲示板で「ごぼ天調査」をお願いしたところ、早速yasuさんから、写真付きでリポートメールを送っていただきました。ありがとうございました。近々正式に「うどん地位向上委員会」のHPを立ち上げ、紹介させていただくつもりです。皆さまも、是非調査にご協力ください!

今日現在の博多ごぼう天・大(?)集計結果
さつま揚げ:0 かき揚げ:1 姿揚げ:2

◆2002年通算■ラーメン105■うどん43■そば25