「麺喰い日記」のHOMEへ

8月30日(金)

 相変わらずせわしい。しかし、せわしいからこそ、せめて昼麺ぐらい充実させなきゃ、とてもとても、ヤッテられないノダ!と、えっちらおっちら、ペダルを踏みしめ向かったのは菱や。正午前に着くが、既に2つしかないテーブル席は、2組の先客達で満席。カウンター席に座り、念願の塩らーめんをたのむ。
塩らーめん◇菱や
 確かにウマイ!菱やはウマイ!!
 全くもって「派手さ」は皆無。「セコセコしっかり」な地道な仕事がジンワリ心に染み入る滋味スープだ。食べ進むうちにじわじわとウマサが増していき、体中の細胞へじゅわりぃ〜と染みこんでいくさまが快感。そこはかと効いた和風だし&キリリとしまった塩だれのバランスが、たまらなくウマイ!
 ただしかし、残念至極なのが麺。特に今日は、正午前だというのに店内はすでに満席に近く、二人でまかなう厨房は大忙し。転職らしき主人は、気持ちばかりが空回りしているようで、無駄な動き&つぶやきがヤケに多い。結果、前の組と一緒に揚げられつつも、ずっと放りっぱなしだった麺が我がドンブリに・・・。当然、思いっきりノビている・・。
 そんな悲しい気分の私の目の前で、店主がポツリと一言。

「あれ?なにかオカシイと思ったら、エプロンするのを忘れていた・・」

 おお〜い!大丈夫かぁ〜?!

 これほどの味を出しつつも、このボケ具合。「酔拳」的な、のらりくらりした店主の正体とは一体?
焼きチャンプルうどん
 夜は家麺。ゴーヤ満載の「チャンプル焼きうどん」。ニガウリと、予め解凍しておいた冷凍うどんを一気に炒め、和風だし&少量のオイスターソースで仕上げる。
 苦み&コシ&オイスターソースの芳醇な味わい。うん、なかなか上出来だ!

菱や塩らーめん500円。福岡市早良区南庄2−7−2。Pなし。
2002年通算■ラーメン153■うどん86■そば54