「麺喰い日記」のHOMEへ

10月31日(木)

 ウマイうどんは足(口?)で探せ。地道なフィールドワークに勝る手段なし。

 うどん人・OGTさんが身をもって教えてくださったセオリーである。師匠の教えに従って、以前から気になり続けていた笹うどんに初挑戦。
 小笹の交差点に面した笹うどん。通るたび気にはなっていたのだが何故か未食だった店である。午後1時前だというのに、店内は客で賑わっている。人気の店だ。メニューを見ると、若干ドンブリものがあるものの、うどんがメイン。冷たいうどんでいくか?いや、冷たいのはハズしたときのショックが大きすぎる。やっぱり、ごぼ天にしよう。
 淡い飴色のすめに揚げ置きのごぼう天。見た目からして典型的な「博多うどん」。
 すめを啜る。昆布だしがベースの素朴なウマミが好印象。熱々のすめに揚げ置きの笹がきごぼうのかき揚げを浸しながら食べる。
 気持ち細めのテロテロやわやわうどんとの馴染もいい。このうどんは食感といい、中心部に線が入ったように見えるルックスといい、西新うどんにソックリ。同じ製麺所から仕入れているのかなぁ?
 事前にしっかりドンブリを温めてあったのか、食べ終わるまで熱々の状態。食べ終わった時は全身ポッカポカで満足度は高い。きっちりまじめに作ってある、昔ながらの「博多うどん」だ。
 ただ、味にこれといった秀でた特長はない。なのに、価格は520円と高い。しかし、繁盛している。う〜ん、「普通」が一番と言うことか?
 博多うどんの奥は深い・・。

笹うどんごぼう天うどん520円。福岡市中央区小笹3−10−1。Pあり。
2002年通算■ラーメン189■うどん117■そば77