麺喰い日記 前へ

3月15日(土)

 月日が経つのは早いもので、今日は長男の保育園卒園式。
 我が家は我が家なりの「歴史
」がある。生まれてすぐ、致命的な病気にかかっている可能性を指摘された次男。検査入院となり、カミさんは付き添いで病院に泊まり込むことに。
 残された私&長男は「クレイマー・クレイマー」状態。保育園がギリギリ預かってくれる午後8時に、なんとか仕事を切り上げ迎えに行ったものだ。その足で、外で麺を食べ帰宅。疲れた体に鞭打ち、長男のおしめを洗濯し、翌朝の朝飯の仕込み。
 次男の病状も、一週間の検査では結論が出ず、開腹検査をすることに。生まれて間もない我が子を抱き手術室へ入り、医師へと手渡したときの胸の張り裂けるようなあの思い・・。
 結果、恐れていた病気ではなかったことが判明し事なきを得たが、肉体的にも精神的にもキツイ2週間だった。

 そんなことを思い出し、ついつい熱くなる目頭を押さえつつ、卒園式を終える。

 人生イロイロありまんなぁ。そんな「イロイロ」を乗り切るには元気が一番!さぁ〜、麺ば喰わんですかぁ〜!!と、安全食堂へ。

 久しぶりの安全食堂は相変わらずの人気ぶり。午後1時過ぎだというのに、順番待ちの行列が・・。
 元来「待つ」という行為がトコトン苦手な私。普段ならさっさと諦め別の店を目指すのだが、今日はそうはイカナイ。是が非でも安全食堂チャンポンが喰いたいのだ。
 ラーメンの名店として知られた安全食堂だが、EZMさん&さん&こぎさんによると、チャンポンもかなりウマイらしい。これは喰わねばならぬと、先日トライしたが定休日・・。フラれればフラれるほど、さらに思が募る。

 待つこと10分、無事着席。こぎさんの書き込みによると、チャンポンはかなり待たされるらしい。横では「腹へったぁ〜」とチビどもが大合唱。ならば、ラーメンチャンポンの合わせ技だっ!!

ラーメン◇安全食堂

 目論見通り、ほどなくラーメン登場。うっすら透明感を残す茶色のスープ。そうそう、コレコレ!と一口啜れば、アッサリした口当たり&どっしり濃いめのだしの風味が絶品。硬めに揚げられた細麺とも相性抜群。これぞ王道の「博多ラーメン」である!
チャンポン◇安産食堂
 そして念願のチャンポン登場。盛りだくさんの具が好印象。立ち上る湯気とともに、ちょっと甘ったるい、なんとも言えないイイ香りが・・。
 たまらずスープを啜る。

 うっしゃぁ〜、こりゃイイわっ!!

 「素朴」ながら深く濃いだしの旨味&昆布っぽい「華」のある風味がベストマッチ。心地よい甘みは「赤い天ぷら+茶色のノーマル天ぷら+ちくわ」と多めに入った練り物の成せる技か?シャキッとした野菜の食感も好印象。
 ラーメンよりチャンポン派の次男も大満足。「今日のチャンポンは美味しいねぇ!」を大連発。昔ながらの素朴系濃い味チャンポンでした!


 夜は、両親を招き福禄飯店で、長男の卒園祝賀食事会。前菜の盛り合わせ、湯葉の和え物、エビのマヨネーズ炒め、若鶏の葱ソース、青梗菜と椎茸のうま煮、水餃子に焼き餃子等々、どれもウマイ!そしてしめはモチロン麺。
海鮮やきそば◇福録飯店
 まず出てきたのは海鮮焼きそば。外側だけを焦がしたコシのある茹で麺は福新楼風。中華あんとよく和え食べると、「とろり、かりっ、しこっ」の食感が楽しい。あんがさっぱり薄味に仕上げてあるから、食べ飽きない。イカやエビ、貝柱、クワイなど、具も豪華で大満足!
海鮮ラーメン◇福録飯店
 そしてオオトリは海鮮ラーメン。鶏ガラ&具の魚介類の旨み満載のあんとじスープがたまらなく美味。そしてこちらも、「シャクリッとした食感の麺&とろりスープ&シャキッと炒められた野菜&グニュリとウマイげそ」の食感のハーモニー。
 さらにデザート2品、生ビールに紹興酒1本飲んで、1万円ちょっと。大人4人&子供2人が満腹&大満足でこの価格は、あんびりーばぼーに安い!!

 「ウマイ・安い・早い」、三拍子揃った大衆中華店の鑑、福録飯店。オススメです!

オススメ!安全食堂ラーメン420円、チャンポン550円。福岡市西区徳永1059−1。11:00〜17:00、水曜休み。Pあり。
オススメ!中華福楼飯店海鮮焼きそば550円、海鮮らーめん600円。福岡市中央区港2−3−3。平日11:00〜14:00,17:00〜22:00、土日祝11:00〜23:00、月曜休み。Pなし。
2003年通算■ラーメン59■うどん35■そば14