4月23日(水) part2

 午後2時過ぎ。門司での仕事を終える。そう言えば、先週土曜日に小倉にリヴァーウォークがオープンしたばかりじゃないか。

 話のネタに寄って行くか・・。

小倉城のすぐ近くに建つ
モダンなビルディングの複合体が
リヴァーウォーク
キャナルシティの福岡地所が
手がける施設だけあって
外観の感じも
どこかキャナルっぽいなぁ。

曲線&曲面を多用したインテリア、
噴水やイベントスペースの取り方など、
インテリアも、もろキャナル
ただ、なぜか全体的にキャナルより
チープな印象を受ける。
細部の完成度が低いのか?
入っているテナントの店作りのせいか?

地下一階のFoodPaoには
麺ROAD」なる一角が。
信州戸隠そばの大久保西の茶屋
先月までキャナルラースタで営業していた
函館ラーメン・麺幸
東京らーめんの麺屋黒船
旭川ラーメンの山頭火
中国料理のロン
計6軒が営業している。
山頭火の前には順番待ちの行列が。
しかし午後2時半という
中途半端な時間のためか
他5店はあまり客が入っていない。

それに比べ6軒の餃子店が軒を並べる
餃子の小径はスゴイ人気!!
いずれの店にも大行列・・・。
そこで食べている客もいるが、
持ち帰りの客も相当数いるようだ。
なるほど、
ラーメンより餃子の方が売れるかも・・。

 一頻り見学したら腹が減ってきた。麺ロードロン or 麺幸か?とも思ったが、それよりなにより、ずっと昔から気になり続けていたアノ店がすぐ近くだ!

 リヴァーウォークの筋向かいにある四方平。昭和12年創業、北九州ラーメンの老舗の一軒、「寿司屋のラーメン」としても有名な店である。
 店内には男女4人組が刺身をつつきつつ、ビールを飲んでいる。思ったより本格的な寿司屋なんだなぁ。
ラーメン◇四方平
 出てきたラーメンは薄く澄んだ黄土色のスープ。「そば屋のラーメン」として有名なまさやのそれを彷彿とさせる。
 一口啜れば、ぐぐっ旨さがのった鶏ガラ味。甘めの風味がいかにも北九州。鶏油とともに若干香る香味油の正体は?
 固めに揚げられた麺も「純な素朴さ」がGOOD。チャーシューもトコトン「純」な味わい。もやしとシナチクの食感が良いアクセント。
 「異業種参入ラーメン」の祖とも言うべき四方平ラーメンは、どこかモダンな香り漂う、純情ラーメンでした。

四方平ラーメン400円。福岡県北九州市小倉北区京町1−2−22。11:00〜21:00(火曜〜17:00)、不定休。pなし。
2003年通算■ラーメン90■うどん51■そば18