5月21日(水)


 来月蕎麦屋を開業されるもとラガーマンさんにお招きいただき、店で出す予定のそばを試食させていただく。
 事前にお伺いした住所を頼りにもとラガーマンさんのご自宅へ。するとすでに、熊本からの客人、けんちゃんラーテンさんが先着&くつろいでいる。ワイのワイのお話していたら、試作品その一、粗挽きそばが出てくる。

粗挽きそば◇かず馬

 まず最初に断言する。ハッキリ言って、かなりウマイ!!!
 そば色の中に白や黒の斑点。箸で持ち上げた瞬間、そばのいろんな風味がブイブイと香り立つ。もうコレだけで、かなりの高得点!
 つゆにつけ、ずずっと啜れば、そば粉の粒子が唇をくすぐる。噛み込むと、ざくっ、くにゅっ、と粗挽き特有のこしを主張、同時にそばの香りと甘みが口一杯に広がる。うはははぁ〜、コリャもうたまらなくウマイなぁ!
 かえしが効いたものと効いてないものの2タイプのつゆを、食べ比べて感想を聞かせて欲しいとのこと。私はかえしが効いた方が断然好み。しかしもとラガーマンさん曰く、若い女性は、効いてない方を好む傾向が強いとか。お店を開き、いろんな客を相手に料理を出すって、本当に大変なのだなぁ…。
 続いて細引きが出てくる。これまた、そばの香りがかなり強い。なんでも芭蕉庵ちきたが使っている高価なそば粉だとか。
 これはこれで、かなりウマイ!が、粗挽きを食べたあとでは、陰が霞む…。粗挽きと細引きの食べ比べセットみたいなメニューが出来ると楽しそうだな!
 そしてそば湯は、芭蕉庵に勝るとも劣らない、とろっとろの濃厚タイプで、これまたウマイ。食後の満足感もぐっと増すし、やっぱりそば湯はこうでないと!
 営業時間や価格、肴などのサブメニューなど、開店に向けイロイロと詰めているとのこと。お見受けしたところ、30代前半?脱サラしての第二の人生にかける熱意に感服しました。どうぞどうぞ頑張ってクダサイ!

 6月6日金曜日、JR今宿駅横に開店予定、屋号は「石臼挽き蕎麦・かず馬」。そば好きの方々、ご期待ください!

2003年通算■ラーメン110■うどん58■そば20