6月15日(日)



 朝。仕事を前に、所用で春日へ。

 せっかくココまで来たのだ。もう一足のばして、久しぶりにアノ店へ行くか…。

 午前10時過ぎ。アノ店、そが泉に着く。コノ早い時間だというのに、先客が3名。昨年オープンしたばかりだが、休日の食事時は行列必至の超人気店にだけのことはある…。
 久しぶりだなぁ、と、しげしげとメニューを眺める。今日は未食のごぼう天と心に決めていたのだが…。なにぃ?鶏煮込みうどん!?そう言えばOGTさん情報にあったなぁ…。ううぅ〜、エラク気になる…。で、

 すんませ〜ん、鶏煮込みクダサ〜イ!

 うひっ!うひうひっ!!と楽しみに待っていたら
「どもっ、す!」

 ありゃぁ、トンコツマニアさん?!

 こりゃ奇遇!どもども、と挨拶していたら、
「やっぱり居ましたねぇ!」

 ぎょえ〜、OGTさん?!!

 麺馬鹿は麺馬鹿を呼ぶ?!いつの間にかプチOFF状態…。
 鶏煮込みうどん◇そが泉
 ウマイ!鶏煮込みは、ウマイぞぉ〜!前回食べた時の印象があまり良くなかったそが泉だが、今日はウマイ!ひたすらウマイ!!
 元々キチリとだしが効いたすめで鶏を煮てあるのか、見た目は濁りが出て、ちと不細工だが、味わいは和風だし×鶏のうまみ=ミラクルうまい!!
 しかも、うどんが以前よりも数段「懐が深く」なった感じがする。噛み込んだ時の、むにゅりぃとした粘り腰がごく自然な感じで、思わず、うしゃ、うしゃしゃしゃぁ〜!

 トンマニさん&OGTさんがたのんだ醤油うどん(温)もカナリうまそ〜!と、壁に視線を移すと、

 ありゃぁ〜、てんもりうどん!なぬなぬ?生あなご天うどん?!

 喰いたいメニューが満載のそが泉

 I will Back ! (Like a "ターミネイター")

 午後11時。会社に缶詰の仕事がやっと一段落。もともと遅くなる予定だったので、帰っても家に我が夕飯はない。ならば、いずこで晩麺を喰って帰るか。
 今日営業再開と掲示板に書き込みがあった石さん亭へ寄ってみるが、すでに閉まっている。
 時間が時間だし、しょうがないなぁ。と、ジュルルでぶらり走っていると、

 おっし!長崎亭が開いているじゃないの!

 チャンポンがウマイ長崎亭だが、私が行きつけの散髪屋さんのご主人曰く、

「ラーメンもちょっと変わっていて、美味しいよ!」
ラーメン◇長崎亭
 なるほど、「ちょっと変わった」ラーメンである。みそ汁のスがたったような見た目のスープである。
 一口啜ると見た目通り。まず微かに、味噌らしき風味がぷわりと花開く。そしてその後、王道さらりトンコツ系の、シミジミとしただしの旨味がぐいっと力強く広がる。
 なんとも繊細なバランスのスープだなぁ、と感心しつつ麺を啜ると、あじゃじゃぁ?こりゃまた極素朴麺でないの!

 中麺の朴訥極まりない、風味豊かなボブ・サップ麺と、繊細微妙スープの取り合わせ。

 ああ、あなオモシロし、ミラクル麺。

そが泉鶏煮込みうどん550円。福岡県太宰府市北谷只越。10:00〜22:00、水曜休み。Pあり。
長崎亭:ラーメン400円。福岡市西区福重3−33−6。11:00〜25:00、年中無休。Pあり。
2003年通算■ラーメン129■うどん65■そば24