10月18日(土)


 朝目覚め、外を見ると、天気晴朗なり。 ならば、山。久しぶりに金山へ。

昨年登り、スッカリ気に入った
花乱の滝コース。
 
 
井原山洗谷コース同様に
渓流沿いを登る。
沢の音がなんとも心地よい。

川エビとコオロギが合体したような
謎の生命体を発見。

そこかしこにケルンやテープがあり
非常に分かりやすいコース。
ただ、ここまで分かりやすいと
なんだか物足りない気もする。
洗谷ぐらいの「分かりにくさ」が
かえって「自然」な気もしてくる。

麓から1時間半、アゴサカ峠に着く
そこから稜線を東へさらに30分…

金山山頂に着く。
のんびりとマッカランを舐めていると
突如雨雲がひろがり、
おお、なんとも幻想的な景色…。

一番うどん 先週、井原山からの帰路で見かけ、気になった一番うどん。その強気な屋号と「名物ごぼう天」のキャッチフレーズ。同じような店が、日向峠沿いにあった記憶がある。繁盛して、ここへ移転オープンしたのだろうか?それとも支店か??

「へい、らっしゃぁ〜い!」

 元気な声に迎えられ入った店内は、広々ピッカピカ。最近オープンしたばかりのようだ。
 メニューを見ると、牛すじうどんショウガうどん!!う〜ん、どれも気になるぞぉ。だがしかし、「初体験うどん屋はごぼ天」が我が麺セオリー。しかも、この店はごぼ天が「名物」なのだ。その正体を確認しなければ…。
ごぼう天うどん◇一番うどん

 頼んでほどなく、ごぼ天登場。
 「名物」の正体は、細めのゴボウを笹切りにした姿揚げ。まずは「名物」をざくりと一囓り。どうやら衣に味付けしてあるようだ。確かにウマイが「名物」というほどの個性は感じない。

 すめは鰹が効き、ちょっと甘めのリッチ・タイプ。悪くないが、ちょっとヌルイのが残念。
 以外とヨカッタのがうどん。すぐ出てきたので間違いなく茹で置きだと思うのだが、芯にシッカリとしたコシがある。冷凍うどん?でもソレっぽさもさほど感じないしなぁ。
 ちょうど揚げたてだったのだろうか?次回は時間帯を変え、ショウガうどんで再確認してみたい!

一番うどんごぼう天うどん390円。福岡市西区千里426(西九州自動車道下、一九ラーメン周船寺店隣)。11:00〜21:00、不定休(今月は27日が休み)。Pあり。

「麺喰い日記」が
本になりました!


 福岡市内の主要書店や、
ままや(福岡)、かず馬(福岡)、
黒門(遠賀町)で発売中。
また通販もヤッテます。

詳しくはコチラ

◎2003年通算麺喰い数◎
ラーメン213●うどん150●そば45