10月27日(月)


 早朝からシコシコ仕事をこなすが、午前11時を過ぎ、さすがに腹が減った。やるべき事は山ほどある。近場でさくっと済ますか…。
 そうだ、リンガーハット期間限定豪華ちゃんぽんとやらを食べてみるか!と、百道店へ出かける。が、「豪華ちゃんぽん」の幟があがっていない。期間が終わったのか?店員に聞いてみると、店舗によってはもともとヤッテいないという。

 「この近くなら姪浜店でヤッテますよ。」

 姪浜か…。乗りかかった船、行ってみるか!と、えっちらおっちらペダルを漕ぐ。

リンガーハット姪浜店 10分後、姪浜店に着くと、例の幟が上がっている。席に座りオーダーをすませ、テーブルに目を落とすと、豪華ちゃんぽんのチラシが張ってある。
 なになに、「森林どり」!?「天然の樹木から抽出したミネラルと多種類の有機成分からなる特別な飼料」で育てられた蒸し鶏が具に乗っているらしい。スープは「丸鶏スープのあっさり仕立て」なのか…。
豪華ちゃんぽん「蒸し鶏」◇リンガーハット姪浜店

 なるほど、確かに見た目が違う。いつものスープは真っ白だが、今日のは透明感を残す醤油色。そして、真ん中の白髪ネギの中には「森林どり」を蒸したものがのっている。
 スープを啜ると、見た目以上に濃い味。「丸鶏」のだしは感じない。オイスターソースのような味わいプラス僅かな酸味。
 「森林どり」を囓る。あっさり&もっちりとしていて確かにウマイが、鶏そのものの味わいよりも専用にかかっている和風のソースの味の方が勝っている。しかも、他の具はいつものチャンポンと同じく大切りのザクザク野菜なので、一緒に食べると「森林どり」の存在を全く感じない。
 麺はウマイ。豪華ちゃんぽん専用なのか?いつもの「コシはあるけれどスープとの馴染みが悪い」麺とは違い、程良いコシでスープの絡みも良い。

 しかし、これで「豪華ちゃんぽん」とは、どうも合点がいかない。なんとか「豪華」にしようと、無理矢理「森林どり」を乗せ、目先を変えようと醤油スープにしたとしか思えない。「森林どり」を生かすつもりなら「スープは鶏ガラだしが効いた塩&他の具は極力入れないか細かく切る」の方が合うのでは?
 価格は750円、普通のチャンポンの倍である。モスバーガーの個数限定豪華ハンバーガーは当たったようだが、カウンター奥の厨房から餃子の焼き上がりや麺の茹で揚がりを知らせる「ブー」だの「ピピィ〜」だの無粋な音が鳴りまくるリンガーハットに「豪華」は不似合いな気がするが…。

リンガーハット姪浜店豪華ちゃんぽん「蒸し鶏」750円。福岡市西区小戸4−2−35。11:00〜26:00、無休。Pあり。

リンガーハット姪浜店の先に「多謝」なる中華料理の新店を発見。近々突入!

「麺喰い日記」が
本になりました!


 福岡市内の主要書店や、
ままや(福岡)、かず馬(福岡)、
黒門(遠賀町)で発売中。
また通販もヤッテます。

詳しくはコチラ

◎2003年通算麺喰い数◎
ラーメン216●うどん153●そば48