12月18日(木)


 先月末、西新にオープンした草八。大分県日田市が本店の蕎麦屋である。
 今月上旬、訪ねると店頭の看板に「JAZZ」の文字。BGMにジャズがかかっている麺屋とことごとく相性が悪い私故、様子見してきた店だ。
 が、福岡の美味しい蕎麦は?まんちゃんなど、私が信頼するサイトで、なかなかの評判。ならば喰ってみたい!と、キコキコペダルをこぐ。

草八 外観同様に木を基調とした民芸調の落ち着いた感じの店内。吹き抜けになっていて二階もあるが、昼は一階だけの営業のようだ。
 年輩の女性客を中心に6割の客の入り。オープン1ヶ月足らずなのにそこそこ顧客が付いているのか?大したものだ。
 メニューは豊富。温&冷そばに加え、ドンブリものや、酒&肴もそそられる献立が満載だ。
ざる◇草八
 出てきたそばは、所々に白や黒の粒子が混ざる、私好みのタイプ。麺線も揃い、なかなかの「美人」。
 箸でひとつまみ、つゆにちょいと付け、ずるずるるぅ〜…。ほぉ、コレはなかなか旨いでないの!
 啜った瞬間、まず口いっぱいに上質な「瑞々しい甘み」が広がる。そして、気持ち遅れて鰹のイイ香りがふわりと鼻へ抜ける。五徹と似たタイプのつゆである。
 そばは「くにりぃ」とした粘りごし。噛み込むと、仄かに蕎麦の香り。欲を言えば、気持ち太めの方が好みではあるが、コレでも十分に旨い。
 盛りも十分で700円。コレで600円ならハードローテーション入りなのだが…。だって、五徹は大ざるで680円だもんなぁ。
 が、しかし、酒や肴も充実しているし、夜10時まで営業している。五徹は安いが、肴がイマイチで夜は9時まで。

 次回は夜、「飲んで仕上げに蕎麦」だな。

草八ざる700円。福岡市早良区西新5ー15ー28(早良郵便局の道挟んで東、ブックオフが入居しているビルの一階)。11:30〜22:00、年内は無休。Pあり。

「麺喰い日記」が
本になりました!


 福岡市内の主要書店や、
ままや(福岡)、かず馬(福岡)、
黒門(遠賀町)で発売中。
また通販もヤッテます。

詳しくはコチラ

◎2003年通算麺喰い数◎
ラーメン249●うどん183●そば52