12月30日(火)


 年も押し迫ると何故か、イロイロやり残したことを思い出すものだ。

 そういえば、まんちゃん草八で飲む約束をしていたなぁ…。

 思い立ったらナントヤラ。早速、まんちゃんはじめ、蕎麦屋が好きそうな面々にメールを送る。するとと、次々と「OK,行きま〜す」との返事が届く。
 ほぉ、なかなかの好リアクションだなぁと喜んでいると、おお、待望のまんちゃんからの返事が!なになに…

「今日はどうしても外せない仕事があるのです…。」

 ありゃりゃぁ〜、そりゃ残念!そんじゃぁ、とりあえず、先遣隊として様子見に行って参りマス!(^_^;)
 
 
 フミオさん、satoyanと肴と突きつつ昼酒。どの料理もナカナカの出来。ただ、贅沢を言わせて貰えば、若干「お行儀が良すぎる」という気もしないでもない。下世話な私は、もう少し、どっしりとした大衆和み系の仕上がりの方が好みかなぁ。
 世は師走でドタバタしている最中、チビチビと昼酒を楽しむ怠惰な快楽を貪っていると、突如、なんともイイだしの香りが…。遅れてやって来たてんもりさんがたのんだかけそばだ…。

 コレは旨そうだ。今日のしめはかけそばだな!
かけそば◇草八
 出てきた途端、鰹がメインの、得も言われぬイイ香りが、ふわりと周囲に漂う。すめをずずっと啜れば、香り通り!深い鰹の旨味と華やかな醤油の風味が、豊かに、ふくよかに、じわりぃ〜と広がる。

 旨いねぇ、このすめは。

 蕎麦は黒め。先日食べたざるは白い信州タイプだったが、これは挽きぐるみの出雲タイプ。

 ずる、ずずぅ〜…。

 温そばならではの、ぬらりと艶めかしい食感を楽しみつつ噛み込めば、ぬちゅりっとしたコシの奥に素朴なそばの甘み。あらかじめ添えられた、柚子皮と大根おろし、三つ葉の薬味も楽しい。
 かけ単品で600円と考えるとカナリ高価だが、トータルで考えると、飲んで食べて、ひとり2000円ちょっと。「蕎麦屋で昼酒」とすると、なかなかのコストパフォーマンス。

 草八は「昼酒蕎麦屋」だな!

草八かけそば600円。福岡市早良区西新5ー15ー28(早良郵便局の道挟んで東、ブックオフが入居しているビルの一階)。11:30〜22:00、年内は無休。Pあり。
 
「麺喰い日記」
本になりました!


福岡市内の主要書店で
好評発売中!

詳しくはコチラ
 
◎2003年通算麺喰い数◎
ラーメン256●うどん186●そば54