1月4日(日)

 早いもので正月休みも今日で終わり。正月の可也山はご愛敬、山らしき山に登っていない。

 そうだ。我がSOUL MOUNTAIN、井原山に新年の挨拶に行こう。。
 
 
朝8時、「最愛」の洗谷コースを登り始める。

沢の音、次々に現れる滝、
どこか幻想的なシダの「森」、
トリッキーなコースの道標。

吹き出す汗、ロープでよじ登る急坂、
コースを見極める時の心地よい緊張感。

やっぱイイなぁ、洗谷。
「このコースを教えてくれた」

「トレッキングの楽しさを教えてくれた」
EZMさんに心から感謝。
 

こうなりゃ、目指せ全メニュー制覇!気になるメニュー満載の優良大衆うどん店

 心地よい疲労感を楽しみつつハンドルを切る。目指すは今日の昼麺店、一番うどん。ただ、まだ正月4日。営業しているだろうか…。
一番うどん
 西九州自動車道の高架下の道路を東に向かっていると、「一番うどん」と書かれた巨大な看板。恐る恐る近づくと、駐車場に車がイッパイ止まっている!そして、入り口には注連縄と暖簾!!

 ヨカッタ、ヤッテいる〜!

 喜び勇んで店内へ。席に座るや否や、前回来たときに気になりまくったメニュー、しょうがうどんをたのむ。
しょうがうどん◇一番うどん
 たのんで5分も待たずに、念願のしょうがうどんが運ばれてくる。具はワカメにごぼう天、蒲鉾、そしておろししょうが。

 おお…、こりゃウマイぞぉ。

 すめを啜れば、だしの風味がきいたほの甘いすめに、おろししょうがのピリリとした風味がベストマッチ!一頻り楽しんだ後、卓上に置いてある葱を多めに入れてから啜ると、またひと味違った自然なピリ辛感&風味で、なんとも楽しいぞぉ!
 うしし、こりゃイイなぁと、ずるずる啜っていると、しょうがの効能か、啜るほどに体の芯からポカポカと温まってくる。寒い冬にピッタリのうどんである。
 そして、うどんもイイ。啜った時は、ほわほわと柔らかでなんとも優しいベルベットうどん。しかし、噛み込んだ瞬間、むにぃ〜と確かな柳腰。
 この味&量で390円は十二分にリーズナブル。しかも、牧の同様すめの追加OK&葱盛り放題。しかもしかも、隣のテーブル客の食べているかしわ飯がエラクうまそ〜。しかもしかもしかも、「牛すじうどん」や、新メニュー「丸ごとごぼう天うどん」など気になるうどんが目白押し。

 どうやらこれからは「井原山帰りに一番うどん」が定番となりそうだ。

一番うどんしょうがうどん390円。福岡市西区千里426(西九州自動車道下、一九ラーメン周船寺店隣)。11:00〜21:00、不定休(今月は13日が休み)。Pあり。
 
「麺喰い日記」
本になりました!


福岡市内の主要書店で
好評発売中!

詳しくはコチラ
 
◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン3●うどん2●そば1