1月30日(金)


ほんわかほかほか〜。博多うどんに癒されて…

 以前BAKUさんに掲示板で教えて頂いて以来、ずっと気になり続けていた蕎麦屋、生粉打ちそば・あい。訪ねてみると、川端通りの一画に藍染めの暖簾。そしてその奥は、引き戸も壁もなく、すぐ店舗。ナントモ簡素な店構えである。
あい
 メニューはせいろと蕎麦がゆの2種類のみ、と、これまたシンプル。卓上に置いてあるチラシによると、この店舗は2月いっぱいまでの期間限定営業。3月からは甘木市の廃校の木造講堂を再利用し、本格営業を開始するのだそうだ。
せいろ◇あい
 出てきたそばは、白や黒の粒子が斑に入った粗挽き風。麺線が不揃いなのが気にはなるが、「くにぃ〜、しゃくり」とした食感然り、広がる素朴な甘み然り、蕎麦自体は結構好み。無骨タイプのつゆともよく合っている。
 盛りが少な目だが、600円という価格を加味すれば十分満足。ただ3月以降、この蕎麦を食べるために甘木まで出かけるだろうか…?

 ものの3分ほどでさくっと平らげ、店を出る。なんだか物足りないなぁ…。で、目の前に英ちゃんうどんの扁平提灯。
 細い路地の奥の階段を下りていくと、いきなりタイムスリップ。これぞ昔ながらの博多のうどん屋。
 薄暗い店内に幅150センチ奥行き45センチほどの小振りな木製テーブルが規則正しく並べてある。しかも各テーブルに椅子が四脚。全員座れば、うどんを箸で救うたび隣の客に肘があたり、すめを啜ろうとすれば、正面の客と頭がぶつかる。しかし、そんななんとも居心地悪いその窮屈さが、妙に郷愁を誘う。
ごぼう天うどん◇英ちゃんうどん
 小振りなドンブリが、これまた「気分」。卓上に置いてあるネギを多めにのせ、七味を軽くふり、ずずっとすめを啜る。ほわりと広がる昆布といりこの素朴な旨味。ぽわっと身体が温まる。うどんはモチロン茹で置き。ほわほわてろてろと優しく胃に落ちていく。

 讃岐うどんは確かに旨い。が、博多うどんも「ならでは」の、ほっとする旨さがある。ホンワカ癒され、店を出る。

生粉打ちそば・あい:せいろそば600円。福岡市博多区川端通り。11:00〜15:00、月&火曜休み。2月末までの期間限定営業。Pなし。
川端英ちゃんうどん:ごぼう天うどん470円。福岡市博多区上川端11−8ーB1F。11:15〜20:00、不定休。Pなし。
 
「麺喰い日記」
本になりました!


福岡市内の主要書店で
好評発売中!

詳しくはコチラ
 
◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン27●うどん14●そば7