2月11日(水・祝)

 先々週末は、山口の「凍る山」、白滝山にチャレンジしたが、山は凍っていないは、インフルエンザに罹るはで、見事「返り討ち」にあった…。何が何でもリベンジしたい。で、急遽、宝満山・難所ヶ滝へ行くことに。

 satoyanフミちゃん、なべちゃん、そして初参加の山好き麺屋さんと、昭和の森着。駐車場はほぼ満車、いまや冬の難所ヶ滝は「手軽に観られる凍る山」として超有名な観光名所なのか…。
 林道をあとに山道へ。雪は全く残っていない。この分だと難所ヶ滝も望み薄か?たのむ、ナントか凍っていてくれ!祈る気持ちで歩を進める。
 30分ほど登った辺りから、徐々に山道が凍って滑り出す。おお、こりゃぁ、ひょっとして…!自然、ピッチが上がる。そして、頭上の難所ヶ滝あたりから阿鼻叫喚が聞こえてくる。

 「おお〜!」
 「素晴らし〜!!」

難所ヶ滝
果たして、難所ヶ滝は凍っていた。
昨年よりは、気持ち小規模ではあるが、
見事に凍っていた。
自然の造形美に
ただひたすら魅入る…。
(画像をクリック!スライドショーがご覧いたけます)


コレは絶品!極上鴨鍋の仕上げはモチロン麺!!

 大自然の造形美を堪能した後は、人工の美味を楽しみたい!てんもりさんをピックアップし、オススメのお店「十八」へ向かう。
十八
JR筑後吉井駅から
未納連山方向へ北上した道沿いに
目指す十八を発見。
入り口横には
「まぼろしの豚肉、トウキョウX
ございます。」
と誇らしげな立て看板!
鴨鍋◇十八
まず、十八名物、鴨鍋が出てくる。
何でも鴨鍋に適した鴨を
韓国で専用に飼育させているのだとか。
赤と白のコントラストが芸術的に美しい!
鴨鍋◇十八
濃いめの醤油色したつゆに入れ
軽く火を通したのち、
ネギと共に喰らう。
と、上質な脂の甘みと肉の旨味。
さらにソレを際だたせる
控えめな極ウマつゆ。
こりゃ、ウマイです!
感動的にウマイです!!
トウキョウXトンカツ◇十八
そして噂のトウキョウXトンカツ登場。
トウキョウXトンカツ◇十八
コレがまたウマイ。
噛み込んだ瞬間、まず驚く。

な、なんだぁ…、
コノもちぃ〜とした優しい食感は…!

そしてさらに、肉汁が本当に「甘い」のだ…。
コレはまさに「未体験」の旨さ!
まさに「まぼろしの豚肉」である。
鴨鍋◇十八
ウマイ!ウマイ!!とシコタマ食べ、
シメはやっぱり麺。
鴨鍋の残りつゆにラーメンを投入。
と、
コレがまたまたウマイのよぉ〜。
もうタマランぐらいにウマイのよぉ〜〜。

シコタマ旨い料理を、タラフク喰って
ついでに酒もガバガバ飲んで、
支払いは一人2500円…。

ああ、あんびりーばぼー!!
コレはもう、昇天ものの名店デス!!!


鴨料理十八トウキョウXトンカツ800円、鴨鍋4人前5500円。福岡県浮羽郡吉井町福益102−5。12:00〜22:00、水曜休み(※12:00〜14:30は要予約)。Pあり。



◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン35●うどん16●そば9