3月18日(木)


「昔はこんな感じだったよなぁ…」的懐かしさ漂うレトロ・ラーメン


 一昨日の佐賀麺ツアーの際、satoyan国際飯店の前で待ち合わせる。
 北天神の有名中華店、国際飯店。手作り肉まんのウマイ店として十二分に認知はしていたが、ふと考えてみると、麺は未食。

 ならば喰うべし。
国際飯店
 雑然とした広めの店内。壁一面に掲げられたメニューには一品料理や定食類がズラリ。汁麺もラーメン、五目麺、ダールー麺などイロイロ書いてある。五目麺に惹かれるが、やぱりデフォルト、ラーメンかなぁ…。
ラーメン◇国際飯店
 薄く濁ったスープに浮いているのは揚げタマネギ。一見、台湾ラーメン風なスープを啜ると、化学調味料がきいた懐かしい味わい。具のカマボコ然り、ボソボソとした食感の麺然り。店構え同様にタイムスリップ感溢れる「昔懐かし食堂系」。
 かなりだしが薄いが、きっちり熱々なスープ&アルデンテ麺。たまには、レトロなこんなラーメンもいいか…。

国際飯店ラーメン400円。福岡市中央区長浜3−1−18。

うちのマンションの桜は既に3分咲き
温暖化?何かが間違いなくオカシイぞ…



◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン63●うどん27●そば19