4月15日(木)


オシャレ系うどん屋新店、あなオモシロし!


 何やかやと仕事がたてこみ、気がつくと午後2時…。うわぁ、腹減りまくり!昼麺だぁ。 どこぞ近場で、さくっと啜りたひ。キコキコとペダルを漕いでいると、

 ふむむぅ?ナニやらイイ香りが漂ってくるぞぉ…。

 香りの先にはビル。一階部分に小さな路地があり、その入り口に、「奥三軒うどん」なる立て看板。

 なぬぅ?こんなところに、うどん屋があったっけぇ…??
奥三軒うどん
 路地を入っていくと、屋号通り、三軒奥にうどん屋を発見。通りに面した入り口を開け放ち、開放的な雰囲気な店内から、ジャズのBGM…。ジャズのBGMがかかっている麺屋とは、すこぶる相性が悪い私だが、うどんの新店は希、喰わないわけにはイカナイ。
 トタン板&木目のチープシックなインテリア。カウンター席に座りメニューを見ると、10種類ほどの温うどんと、ドンブリが載っている。「あさり汁かけドンブリ(限定)」が無茶苦茶気になる!!が、昼に米粒は食べられない因果な体質になってしまった私…。「初うどん屋はごぼ天」なる我が麺喰いセオリーに従うことに。
ごぼう天うどん◇奥三軒うどん
 うわぁぁ〜、サイコ〜〜!春菊がのっているじゃないのぉ!!

 出てきたうどんを見た途端、我が麺心が激しくときめく。元来、香草好きの私、春菊は大好物。おひたしで良し、白和えでも旨し、そして、温うどん&春菊&海苔&溶き卵は、自家製うどんの定番なのだ!
 すっかり気をよくし、すめを啜ると、キリリと引き締まった関東風。地味ながらもシッカリ風味がいきた和風だしに、すっきり辛口の味わい。かすかに効いた春菊のホロ苦風味が、さらなる奥深さを演出。
 うどんは、イイ意味で「平凡」。太さソコソコの、多分、製麺所製茹で置きうどん。保存剤などヘンなものが入っていないのか、「普通」に&キッチリ旨い。揚げ置きの細切りごぼう天も、ガリガリ旨い。
 聞くと、1ヶ月前にオープンしたばかりなのだとか。夜10時まで営業しているらしい。

 むひゃひゃ!今度から、近場で飲んだ時のシメは、ココのうどんだな!
餃子◇椿屋
夜は麺友たちと椿屋で宴。
いつのも如く、どんがぁ〜どんがらがったぁ〜!
担々麺◇椿屋
ヘロヘロになる前に、と早めに
店主・かもさんオススメの担々麺を啜る。
クリーミーなゴマ風味が
ぐぐいっ!と効いたスープと
ちゅるりシコシコの麺のハーモニーが
あな、楽し。
私は、もう少し「クセもの」の方が、より好みだが、
担々麺フェチのフミオさんは絶賛!

なんでも、げんき家が近くに移転してくるとの噂も。
となれば、ここ一帯は
福岡ネオ・ラーメン・エリアか?!

奥三軒うどんごぼう天うどん450円。福岡市早良区高取1−28−33。11:30〜22:00、日曜休み。Pなし。
椿屋担々麺600円。福岡市早良区有田5−7−15。11:30〜15:00&18:00〜27:00(日曜〜24:00)、月曜休み。Pあり。


◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン92●うどん40●そば25