5月13日(木)


グググッとガブリヨリのこの旨さ!ストロングだしタイプの醤油ラーメンに、うひひっ!

 午後から太宰府で打ち合わせ。で、途中にある一天楼で昼麺していくことに。

 以前、ギョ!さんからメールで一天ラーメンなる新店情報を教えていただく。アノ一風堂のように豚骨ラーメンに、「赤」と「白」の2種類あるのだとか。ほぉ、オモシロそうだ!と、気になっていたところ、"早撃ち"なべちゃんのサイトに早々にリポがあがる。

 なに?「本店は春日原の一天楼という台湾食堂」だって??

 味仙然り、蓬莱軒然り。台湾ラーメンとはスコブル相性抜群の私。ならば、イッテンロウへ行ってみよう!

 インターネットタウンページで調べた住所をたよりに訪ねると、駅前の路地裏に建つマンションの一階に一天楼を発見。
一天楼
 和風サイケデリック(?)調のド派手な図柄の暖簾に、街のステーキハウスにありがちなウエスタン調の木製のゲート。そしてゲートの看板には「1106」の文字とファイアーボールの図柄。

 ひょっとして、「1106」=「1」+「10」+「6」=「イチ」+「テン」+「ロク」→「イッテンロク」→「一天楼」…。

 ナンとも期待薄な店構えに、一瞬、店に入るのを躊躇する。が、せっかくココまで来たのだ。「ダメもと」承知で突入だ!
 居酒屋風の店内には先客2名。メニューを見ると、ココにも豚骨ラーメン「白」「赤」が。そしてさらに中華そばも載っている。「台湾ラーメン」を期待してきた私、迷うことなく中華そばをたのむ。
中華そば◇一天楼
 うっすら濁った醤油色のスープに、厚めのチャーシューと、多めの葱&キクラゲ。「コレは!」という見た目の特徴はナシ。うぬぅ〜、やっぱりハズしたかぁ…、と覚悟を決め、スープを啜る。が、

 う〜ん?コリャなかなかスゴイぞぉ…。

 サッパリした口当たりだが、舌にのった瞬間、ぐぐぐっ。ナンとも力強いだしの旨味が、ズシンとした重量感とともに、ずんずんと広がる。
 ウマイ…。このストロングだしタイプの醤油風味はアノ名店、関東軒に勝るとも劣らないぞ…。
 そして麺も、かなり私好み。角がキチッと立った絶妙アルデンテ中麺は、噛み込んだときの「きしり」感&ふわっと広がる素朴な風味が、なんとも蕎麦チックで、ウマイ&オモシロい!そして、ちゃんと肉の味がする気持ち固めのチャーシューも旨い。
 期待していた台湾ラーメン系ではかったが、コレはコレでカナリ私好みのストロングだし醤油ラーメン。こうなりゃ、麺以外の一品料理にも期待しちゃうぞ!と、店を見渡す。
 と、カウンター席の奥の方でホール担当の店員が、醤油ラーメンのスープで煮込んだたらしき大根&すじ肉で白ご飯を食べている…。そして、カウンター奥の厨房では店主らしき年配の男性が、ナンとメニューには載っていないつけ麺を食べているではないか。

 いずれも、ナンともエラク旨そうなまかない飯…。くふぅ〜、喰ひたひ!!地元民のなべちゃん、今度、一天楼オフを企画してクダサ〜イ!!

新中国家庭料理 一天楼中華そば520円。福岡県春日市春日原北町3−80。11:00〜14:00&18:00〜24:00、火曜休み。Pなし。

百年橋通りに蕎麦新店or改装店らしき「しば多」なる店が、間もなく開店する模様。


◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン122●うどん49●そば28