5月28日(金)


屋号に偽りナシ!ウマ麺ちゃんぽん穴場店に遭遇


 午前中の仕事を片づけ外へ出ると、雲ひとつない青空。あぁ、気持ちイイ〜!こりゃ絶好の昼麺ポタ日和。
 目指すはげんき家有田店。オープンしてちょうど一週間。ぼちぼちオペレーション含め落ち着いてきたころだろう。どんなラーメンなのかなぁ?とウキウキ気分でペダルを漕ぐ。が…。
 10分ほど走り、げんき家有田店に着くが、シャッターが閉まっている…。張り紙があり、厨房施設に不具合があり、当分店を閉めるとのこと。
 さぁ、どうする…。こうなりゃ、コギさん情報の蕎麦屋新店まで行くか?いや、ちょっと遠すぎるかなぁ…、と迷いつつも、とりあえずペダルを漕いでいると、「チャンポン」と「皿うどん」の大きな幟を発見。

 めんいちかぁ…。看板の屋号の上に書かれた「博多ちゃんぽん屋」のコピーが気になっていた店だ。そう言えばこの前マニさんが食べて、「なかなかですよぉ〜」と褒めていたなぁ。よっしゃ、突入!
めんいち
 5〜6席ほどのL字のカウンター席のみの店内には先客3名。壁にはられたメニューを見ると、ちゃんぽん皿うどんに加え、ラーメン味噌ラーメンもあるようだ。一瞬、味噌ラーメンに惹かれるが、初志貫徹、ちゃんぽんをたのむ。 
ちゃんぽん◇めんいち
 待つこと10分、出てきたちゃんぽんのスープを一目見て、旨さを確信。気持ち茶色がかった深いクリーム色が、なんとも美しいではア〜リマセンかぁ!卓上の辛子高菜を添えて、いただきま〜す!
 一口啜れば、とろりと広がるなめらかな甘味に、思わず頬が緩む。だしの旨味に加え、エビやアサリ、練り物やキャベツなどの具から、なんともイイ味が出ているなぁ!
 そして、麺。ずずっと啜り、噛み込めば、くにょくにょぷるりん。注文が入ってから茹で揚げたぷりぷり麺!独自のこしも楽しいが、麺自体の味わいも至って「素直」で私好み。
 さらに、スープとの馴染みが抜群!リンガーハットを筆頭に、ぴかいちや、黒田屋@赤坂、今は亡き宝来や@千代など、生麺チャンポンは多々あるが、その多くは、麺がスープに馴染まず喧嘩している。もしくは逆に、茹で上げた麺の湯切りが悪いのか、ねちょねちょべったりと絡み過ぎて、しつこい感じのものも多い。が、ここは「つかず離れず」の馴染み具合が抜群!めんいちの屋号に恥じない逸品である。
 そして、辛子高菜がコレまたウマイ!切れ味鋭い辛味と高菜独特の風味で、それまでまったりしていたスープが一変。「戦闘的」な味わいに食欲が刺激されまくり!

 しかし、そう言えば、黒田屋@赤坂も「博多ちゃんぽん」を謳っていたなぁ。ひょっとして、暖簾分けなのかもなぁ…。


 夜は麺友たちと、味美@草香江でバリ旨お好み焼き&焼きそば&焼きうどんを平らげ、さらにさん縁の焼酎会なる集まりにお邪魔し、ヘベレケ。よたよたふらふらとペダルを漕ぎ、家路につく。が、一瞬意識が遠のき、そして次の瞬間、しばらくでずるずるとラーメンを啜っている自分に気付く…。(^_^;)
ラーメン◇しばらく
 豚骨だしに多めの化調。そうそう、コレコレ!なんとも懐かしい味わいのスープに、ほっと癒される。ただ麺は変わったか?昔はもっとカンスイ臭い真っ黄色の剛麺だったように記憶しているが、今日のはそこまで臭くないなぁ。チャーシューも、もっと小振りでガシガシばさばさだったのに、今日のは妙にウマイなぁ…。
 まずいスープに喜び、うまい麺&チャーシューにガッカリする…。考えてみるとカナリ妙だが、それが「SOUL麺」、思い出の味というものなのかなぁ…。
 カウンター奥には、ふっくら恰幅が好くなった二代目。だんだん先代に似てきたなぁ。そして、あれ?横で真剣に麺揚げの様子を見つめているのは二代目の娘さん?小学生だった彼女が、立派な大人に…。三代目は彼女が継ぐのかなぁ。「暫」の赤い文字が入った黄色のTシャツは、彼女が発案したユニホームなのかなぁ…。

 なんともノスタルジックな気分に浸りつつ、ゆっくりと、ひたすらゆっくりと、ずるずるラーメンを啜る。
博多ちゃんぽん屋 めんいちちゃんぽん630円。福岡市早良区次郎丸1−25−15。1st&2nd日曜&3rd&4th火曜休み。Pあり。
しばらくラーメン500円。福岡市早良区西新1−11−28。12:00〜26:00(日祝〜24:00)、無休。Pなし。


◇追記
げんき家有田店
休業に関しては、まるパパさんからも掲示板へ書き込みを頂きました。

 あのげんき家有田店が、なんでも厨房機器が不良品であったために、営業ができず、営業再開までに10日間ほどかかるそうです。再開予定は6月8日だそうです。ちなみに本店も営業してないようです。
 お店の方からのコメントですが、「皆さんに開店を祝って頂いたのに、このような状態になって、申し訳有りません」とのことでした。

 開業直後のトラブルだけに、お店の方もさぞや落胆されていることでしょう。しかし、ここは焦らず、しっかりと修理をされて、万難廃して再スタート!営業再開を楽しみにしております!!



◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン137●うどん51●そば35