7月9日(金)


しみじみ旨し、懐古滋味麺

 私がまだ小学生だった頃、休日に母に連れられ天神へ買い物に出たときの昼食は、決まって今は無き西鉄名店街味のタウンだった。年間通して最もよく食べたのが因幡うどん。当時の私は蕎麦党で、えび天そばが好物だった。
 そして、夏の楽しみがあま太郎冷やしちんめんだった。
あま太郎
 大手門の裏通り、簀子小学校のすぐ近くにあるあま太郎大手門店。歴史を感じされる引き戸の横に「冷やしちんめん始めました」の張り紙。
 縄暖簾をくぐると、こぢんまりした店内の中央に広めにとられた厨房。そして、厨房周りがカウンター席になっている。
 厨房には、いかにも昔の食堂の厨房着チックな白衣を着たお母さんがひとり。なんともレトロな雰囲気を楽しんでいると、ふわりと温だしの得も言われぬイイ香りが漂ってくる。
 ああ、こりゃタマランうまそ〜な香りだぞ…。よっしゃ、冷やしちんめんのつもりだったが、予定変更。五目ちんめんクダサ〜イ!
五目ちんめ◇あま太郎
 ちくわにカマボコ、ハム叉焼と、具は至ってチープ&レトロ。だが、スープは超本格派。豚骨だしらしき力強い旨味と昆布だしらしきマイルドな風味の合わさった、和風テイストの独特なる味わい。素直なこしと風味の太めの麺との相性も抜群。
 「韓国で食べた麺の旨さが忘れられず、独自に開発した麺がちんめん」だと聞いた覚えがある。ということは、ちんめんのルーツは韓国温麺なのか?ああ!そう言えば、唐津の龍虎軒にも珍麺なる看板が上がっていたなぁ。なんらか関係があるのだろうか?
 レトロな店で、いろいろと思いを馳せつつ、ずるずると麺を啜る時間の、なんと楽しきことよ。近々、西鉄商店街跡に建ったソラリアビル地階のあま太郎にも行ってみるかな…。

あま太郎大手門店五目ちんめん500円。福岡市中央区大手門3−1−21。日曜休み。Pなし。


昨晩。
「唐人町に旨い餃子屋がある」と聞き、
仕事帰りに立ち寄る。が、休み…。
しかし、一旦、飲みモードになった
口はおさまらない。
で、家でシコタマ飲んだ結果、
今朝の体重は78.4キロ。

今晩。
1キロ増なら御の字か!と
家族と昨日フラれた餃子屋「福いち」へ。
焼き餃子◇福いち
水餃子◇福いち
噂通り、いや、噂以上にバカ旨!
チョット厚めの皮の食感がタマラナイ!
ニラレバとじ◇福いち
タンステーキ◇福いち
餃子以外の料理もエラク旨い!
しかも安い!!

ああ、旨かったと店を出る。
と、次男が「チャンポン、食べた〜い!」
そして長男も「ラーメン、食べた〜い!」
で、長崎亭へ…。(^_^;)
チャンポン◇長崎亭
ラーメン◇長崎亭
チャンポンラーメンを分け合い啜る
チビ達&私。
おや、今日のチャンポンは
エビ蟹チックな甲殻類系の旨味が
ギンギンに効いているぞ…。
など思いつつ、うはうはと啜っていると
その様子を冷ややかに見つめる
カミさんの視線に気付く…。


ああ、明朝の計量がコワイ…。


福いち:家族四人で飲み食いして5300円。福岡市中央区唐人町1−2−14。夕方〜22:00頃、木曜&4th日曜休み。Pなし。
長崎亭:チャンポン530円。福岡市西区福重3−33−6。11:00〜25:00、年中無休。Pあり。



◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン175●うどん64●そば49