8月9日(月)


予感的中!コレは上出来、食堂系ラーメン

 午前中の仕事を終え、一路西新へ。目指すは両国跡の蕎麦新店、利休庵
利休庵
 西新商店街から細い路地に入り込んだところに、開店を祝う立派な花輪。待望の利休庵オープンである。さぁて、どんな蕎麦を喰わせてくれるのかぁ?と、店頭に立つ。が、それから足が進まない…。
 掲示板へのコージさん情報によると、「お昼は700円のセットのみ」だったよなぁ。私は昼に米粒が食べられない麺体質&「セットのみ」というオペレーションも好みじゃないしなぁ…。しかも、700円というナントモ中庸なる価格設定も、ピンと来ないしなぁ…。
 あれほど開店を楽しみに待っていたのだが、ナンだかどうも、気が進まない…。

 気が進まないのに無理して食べても、旨く感じるはずがない。利休庵はもう少し様子を見ることにして、今日は朝美食堂ラーメンにするか!
朝美食堂
 先日食べたチャンポンがエラク好印象、コレならラーメンもカナリ旨いのでは?と楽しみにしていた朝美食堂
 昼過ぎの店内は7割方、客で埋まっている。そして、次から次にかかってくる出前注文の電話。

 プルプル〜、プルプル〜、ガシャ、ガシャ、ジュワァ〜、カチャカチャカチャ……

 カウンター奥の厨房からの漏れてくる調理の音も相まって、なんとも心地よい喧噪感漂う、町の定食屋の午後。
ラーメン◇朝美食堂
 頼んでほどなく出てきたラーメンは、「透明感を残す黄土色のスープ」&「端正に盛られた麺」に旨さを確信。
 まずはスープと一啜りすれば、醤油の旨味と脂の甘み、大蒜の風味が広がる華のある味わい。奥には力のあるだしの「後ろ盾」がキッチリあるので、ヘンに浮ついた感じは皆無、しっかり&キッチリしたコノ旨さは、先代がギンギンに店を仕切っていた頃の全盛期の横綱ラーメンに相通じるものを感じるぞ…。
 細めの麺も、啜った食感こそツルツルだが、噛み込むと、ひねものの素麺のような解け方&風味で、コレマタ私好み。味気ないチャーシューはご愛敬、コレで380円は万々歳の食堂系極上ラーメンである。
 一気に平らげ、ああ旨かったと幸福感に浸りつつ、壁のメニューを眺めると、豊富な定食やドンブリ類とともに、ホルモン目玉焼きなど、町のラーメン屋チックなメニューもアリ。さらに黒板に書かれた日替わりB定食の今日のメニューは「ハマチ刺し しめ鯖 豚の生姜焼き 芋づる煮付け ニラもやし卵とじ」!コレにみそ汁&お代わり自由のご飯がついて、ブラボー価格650円はエラ過ぎ!!
 味、価格、そして店の雰囲気。先日のやお八然り、ココ朝美然り。庶民の台所・西新ならではのウルトラ優秀大衆店に拍手喝采!

朝美食堂ラーメン380円。福岡市早良区西新4−9−17。11:00〜22:00、無休。Pなし。



ぬはははぁ〜!
来た、来た、来たぁ〜!
先々週の停滞期を経て、
がっぱし体重が落ちてきました!
さぁ、ここからが正念場。
さらに気を引き締めて、目指せ72キロ。


フミオtake4主催のダイエットラリーに参戦中。
他のダイエット戦士の健闘ぶりはコチラ。





◎2004年通算麺喰い数◎
ラーメン202●うどん78●そば53